№1795 航空各社 2018年サマーダイヤ発表

画像

 航空各社(LCCなど除く)の、3月25日(日)からのサマーダイヤが、一昨日一斉に発表になりました。
 FDA、IBXの新規乗り入れがある空港がいくつかあるが、全体的には静かな印象があります。
 主要各社の発表をまとめます。25日からではなく、後日施行の路線もあります。

********************

ANA
国内線
 中部~宮古・福岡~石垣路線は通年運航。
 
再開 岡山~新千歳 福岡~宮古(6/1~サマースケジュール一杯)・石垣◎

増便(一部期間のみの増便を含む) 羽田~広島・沖縄・石垣 伊丹~福岡・沖縄 関空~新千歳・宮古 中部~福岡・新千歳・宮古 仙台~新千歳 福岡~石垣・宮古

 羽田~沖縄線は夏休み期間中「ギャラクシーフライト」(週6日)運航。
 仙台~新千歳でIBX便のコードシェア開始。逆にADO、IBXとのコードシェア→自社機材による運航となる路線・便があります。

減便 伊丹~福岡・鹿児島 中部~松山 福岡~仙台・新潟・沖縄 沖縄~石垣・宮古
 2017年度期間運航だった関空~旭川は、2018年度は運航されない模様。
 4月からWi-Fiサービス無料化。A321neoは、11機までに増強。

国際線
 増便 羽田~バンコク(6月1日~) 成田~成都 羽田~香港
 羽田~バンコク線は深夜早朝枠を活用、羽田発0:55→ 5:25着バンコク バンコク発13:55 →22:15着羽田。B787-8(C42・Y198)。羽田・成田~バンコク路線は1日5便に増強。

 この他、機材変更が行なわれ、サンノゼ・クアラルンプール・大連・北京路線にB787-9、成田~厦門、関空~北京・杭州路線にA320neoが就航。
 2019年春からのA380、B787-10就航が予告されているが、B787-10も国際線への就航となるのか?
 この他、貨物専用便で関空→北九州→沖縄路線を週5便運航(片道のみ)。

********************

JAL
(グループ各社含む)
国内線
 JAC→JAL(J-AIR)移管が進む一方、奄美で新路線開設。

新設 徳之島~沖永良部 沖縄~沖永良部(共に7月1日~)
「奄美群島アイランドホッピングルート」と称し、奄美大島~徳之島~沖永良部~沖縄間を通しで運航。運航開始の7月1日は、JAC創立35周年。
増便 羽田~新千歳 伊丹~新千歳・仙台・沖縄 福岡~徳島
 この他一部期間増便の路線あり。
 
減便 伊丹~福岡・出雲 中部~新千歳
 伊丹~出雲はE170に統一。

運休 奄美大島→沖永良部 沖永良部→与論
「アイランドホッピングルート」開設による再編成のため。

 この他小型機材で機種の変更があり、E190が羽田~山形・三沢、伊丹~秋田・松山、新千歳~青森に就航。
 山形空港の運用時間拡大により、羽田→山形の午前便が7時15分出発に1時間繰り上げ。

国際線
 
増便
 関空~ホノルル・成田~バンコクの増便を2018年度いっぱいまで延長。
 モスクワ線は7月21日からサマー一杯デイリーで運航。

 今回は休止・減便はなし。
 機材変更で、ダラス・ハノイ路線にB787-9が就航。

********************

SKY
 路線の改廃、増減便は今スケジュールはなし。
 羽田~新千歳は7月13日~サマー一杯、羽田~沖縄・中部~沖縄路線は7月14日~9月30日(月曜日除く)、深夜早朝便の運航を予定。

********************

ADO
「上期運航計画」と称しています。
 路線を再編成し、新千歳~岡山間を運休(ANA運航に変更)。仙台・中部路線も減便。新千歳発着の地方路線は縮小傾向にあるようです。
 羽田~女満別路線のB767-300への大型化の期間を190日に大幅延長。
 B767-300は上期は4機、下期に2機を増強(ANAからの移籍?)するが、退役予定だった2機の時期は再検討。9機のB737-700の体制については改めて決定との事。

********************

SNA
 今サマーシーズンも、大きな変更はありません。

********************

SFJ
 北九州~沖縄線を、3月25日~5月7日に1往復、7月13日~10月27日に2往復運航。
(今年は2月8日から運航する。ANAコードシェア運航)

********************

FDA
 静岡・仙台~出雲路線新規就航。仙台へ初乗り入れ。
 静岡~丘珠路線を再開。
 別のリリースで、JALとのコードシェア運航の拡大も発表されました。新規2路線でもコードシェアを実施。
(FDA全路線でコードシェアがあるのではないから注意)

********************

IBX
 新千歳と松山に新規乗り入れ。

新設 仙台・松山~新千歳 中部~松山 福岡~新潟
増便 仙台~福岡
 全便ANAとのコードシェア実施
休止 中部~福岡

********************

 LCCは同時の発表ではないが、過去のリリースから、サマー以降のスケジュールを見てみます。

APJ
 関空~釧路路線が8月1日就航。1日1往復。
 2018年度は新千歳の拠点化が予定されているが、具体的な路線の展開は発表されていない。

********************

JJP
 今の所は、国内線・国際線とも新路線などの発表はなし。

********************

VNL
 今の所は、国内線・国際線とも新路線などの発表はなし。

********************

SJO
 今の所は、国内線・国際線とも新路線などの発表はなし。

********************

WAJ
 今の所は、国内線・国際線とも新路線などの発表はなし。次の路線開設は、いつになるのだろう?

********************

 以上、簡単ながら各社が公表したサマースケジュールをチェックして見ました。繰り返しになるが、ここに書いた事全てが、3月25日になったら一斉に行われる訳ではないので、念のため。
 仙台のFDA新規乗り入れ、IBX増便が目立つ所か。
 ADOの今後の機材計画が注目されるかもしれません。
 再来年2019年が、各社で機材・路線に大きな動きがありそうで、2018年度はそれを控えて、全体的にはおとなしめという所でしょうか。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 春は鉄道もダイヤ改正の季節です。つくばエクスプレスと近鉄からダイヤ改正のリリースが出ています。どちらも3月17日の改正。

つくばエクスプレス 守谷での追い抜きが可能になり、パターンが変更になります。
日中…快速の各停追い抜きが、流山おおたかの森の1回→八潮・守谷の2回に変更。
(区間快速の追い抜きはなくなる)
平日夕方…秋葉原→守谷の各駅停車を5本増発。快速1本を通勤快速に変更し、全通勤快速が八潮・守谷で各駅停車に連絡。

近鉄 京伊特急を初めとする京都線特急の増強と、初電繰り上げ・終電繰り下げが主なポイント。
特急…平日朝の奈良→京都間1本を名張発に変更。土休日朝方に京都~橿原神宮前間特急1往復を京伊特急に変更。日中の京都線は橿原神宮前・奈良発着の併結の列車を分離し、毎時4本運転。奈良線の大阪難波発奈良行最終特急を5分繰り下げ。久居の停車増。
一般列車…大阪線・奈良線・南大阪線・名古屋線で初電繰り上げ・終電繰り下げ(一部種別変更あり)。
 大阪線は急行が大和朝倉・長谷寺に停車し、日中の準急・区間準急・普通の一部が大和朝倉(新設定)及び五位堂折返しに短縮。平日朝ラッシュ時に高安始発準急1本が増発されるが、準急・区間準急の10連運転はなくなるみたい。
 名古屋線は急行が南が丘・桃園に停車し、普通は一部を除き、名古屋側が津新町、山田線が伊勢中川で折返しに短縮。
 生駒線は改正以降も徐行運転を実施。今回の改正は、阪神には影響を与えない。

《今日のニュースから》
19日 アートコーポレーション 違法残業で書類送検
20日 サッカーW杯初出場記念ギャラリー ジョホールバルに完成

「ジョホールバルの奇跡」、岡野雅行のVゴールからもう21年か。「ドーハの悲劇」とセットで、強く記憶されています。

この記事へのトラックバック