№1725 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 京浜急行電鉄.1

画像

「鉄道ピクトリアル 2017年8月臨時増刊号 京浜急行電鉄」が先月発売になり、今ある程度読み進めているが、もう少し時間が掛かりそうです。
 予習?として、1990年代に撮影した京急の駅の画像を、今回から3回に渡ってご覧頂こうと思います。当時は青物横丁・鮫洲付近の連続立体交差工事が完成したばかり、空港線が穴守稲荷から羽田(現天空橋)地下駅への乗り入れを果たした頃でした。ただまだ空港アクセス輸送は本格的な物ではなかったし、本線の主役は2000形(もちろん2ドアクロスシート)だったが、品川~横浜・横須賀方面は、快特と特急を交互に運行するダイヤ形態でした。
 今回は本線の泉岳寺~神奈川間。泉岳寺~品川間以外は、旧京浜電気鉄道が開通させた区間です。

画像画像

品川 しながわ
 昔も今も、京急最大のターミナル。品川駅と言いながら、ここは港区。駅ビルは改修工事中で、空港アクセスのコマーシャルが描かれていました(ただし、当時は羽田でモノレールへの乗り換えを必要としていた)。
いよいよ大規模改良工事が始まろうとしていて、工事の計画の概要も都や港区・品川区から発表になりました(後日書くが、位置がやや北側に移動する)。今後10年位で大きく変わりそうです。

画像

北品川 きたしながわ
 品川駅の南にあるのに北品川。計画では高架駅になるそう。

画像

新馬場 しんばんば
 地上時代の北馬場と南馬場を統合した駅、なので北口と南口がかなり離れています。画像は旧南馬場の南口。

画像

青物横丁 あおものよこちょう

画像

鮫洲 さめず

画像

立会川 たちあいがわ

画像

大森海岸 おおもりかいがん

画像

平和島 へいわじま

画像

大森町 おおもりまち
 新高架駅は№1563でご覧頂きました。

画像

梅屋敷 うめやしき
 地上時代はホームが4両分しかなく、ドアカットを行なっていました。新高架駅は№1689でご覧頂きました。

画像

京急蒲田 けいきゅうかまた
 今の目で見ると、ずいぶんと小駅にも映ります。快特は通過でした。

画像

雑色 ぞうしき
 新高架駅は№1710でご覧頂きました。

画像

六郷土手 ろくごうどて
 泉岳寺からくると東京都最後の駅となり、多摩川を渡れば神奈川県。

画像

京急川崎 けいきゅうかわさき
 右側の京急ストアは横浜寄りの高架線下に移転し、跡地には京急EXインが入ったビルが建ちました。

画像

八丁畷 はっちょうなわて
 JR南武線(浜川崎支線)接続駅。JR側も京急が合わせて管理しています。南武線ホームが跨線橋の代わりになっています。

画像

鶴見市場 つるみいちば

画像

京急鶴見 けいきゅうつるみ
 広場を挟んでJR鶴見駅があります。JR側から撮りました。

画像

花月園前 かげつえんまえ

画像

生麦 なまむぎ
 これを撮影した頃は、下りの待避線ができたか否か、どっちだったろう?上りの本線を山側に振り、その跡地に待避線を造りました。当時は急行停車駅でした。

画像

京急新子安 けいきゅうしんこやす

画像

子安 こやす
 当時は急行停車駅でした。

画像

神奈川新町 かながわしんまち
 検車区があります。

画像

仲木戸 なかきど
 今は上りホームにも駅舎が造られ、ペデストリアンデッキでJR東神奈川駅と結ばれています。

画像

神奈川 かながわ

 次回は本線の南側、横浜~浦賀間です。主に湘南電気鉄道が開業させた区間です。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》
 9日 ジャパンディスプレイ 3700人削減削減計画発表
10日 福島第一原発敷地近くに不発弾 自衛隊が処理

 アメリカと北朝鮮の関係が急にきな臭くなってきました。指導者同士の口ゲンカだけで終わってくれればまだ良いが、戦争に発展するのは絶対カンベン。日本を巻き添えにしないで頂きたい。

この記事へのトラックバック