№949 ミャンマーを走ったJRバス

 当ブログ、及び本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」を御覧になって下さる方から、時々うれしいメールを頂く事があります。
 先日、大悟法 雄一(だいごぼう ゆういち)様から、メールと共に、このような画像を提供して頂きました。

画像

 ミャンマーを走る、JRバス関東の車両です。
 JR時代はL328-89602、日産ディーゼルP-RB80GS。
 大悟法様は、このJRバス時代の社号から検索した所、私のWebサイトにたどり着いたという事でした。

 大悟法様はこの画像を、2007(H19)年に撮影されたそうです。
 当時はまだバリバリの軍政下、日本人記者殺害事件発生の1ヶ月前だったという事です。
 撮影にはかなりの制限があったとの事で、よく撮れましたねぇ。 

画像

 JRバス関東時代の同車両については、本体上で公開していますが、ここで改めて公開します。
 1995(H7)年に上田駅前で撮影したものでした。
 当時の小諸支店長久保営業所に所属し、白樺湖などへの路線で運用されていました。
(画像は姫木平中央行)
 西工ボディは当時の東日本ではまだ珍しく、他には横浜市営など数例あるだけでした。

 ミャンマーもテイン・セイン政権になってから、なんだか突然民主化が進んでいるようで、正直、未だに少々戸惑いもあります。
 まだまだ軍の力は強いようだし、少数民族問題など解決すべき問題も山積しているが、ともあれ無血で民主化が実現するなら、もちろん歓迎すべき事です。
 ミャンマーはJRバス以外でも日本の中古バスや、中古ディーゼルカーが多数移籍して乗り物のファンの注目を集め続けているが、アクセスや滞在などの面で、まだまだ行くのが大変そうな国というイメージもあります。
 これらの点も逐一改善され、インドネシアやベトナムあたりと同じ感覚で行けるようになれば良いと思います。

 大悟法様、画像の提供、ありがとうございました。
 まだ他にも多数の貴重な画像を保有されているそうで、今後も楽しみにしています。

 このように当ブログでは、本体でも、このブログでも、感想などのメールを歓迎します。ブログ上ではコメントは受け付けない事にしているので、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 今後とも、よろしく。 

《今日のニュースから》
「待機児童」ゼロ 横浜市が達成

この記事へのトラックバック