№706 JTB時刻表2012年5月号(JTBパブリッシング)

 JTB時刻表2012年5月号が20日(金)に発売になっています。
 表紙は東京スカイツリーと、東武「スペーシア」の「雅」カラー編成。

◆ 東京スカイツリータウン 5月22日(火)グランドオープン!
 4月号の時に「あるかな」と書いたスカイツリーと、周辺のスカイツリータウンの情報が、やはり巻頭グラビアにありました。
 いまさら書くまでもなく、ここは以前は東武の貨物駅だった所であり、また一時期は北千住の混雑緩和のために折返し列車用のホームが設けられていた事もありました。
 この手の塔は東京タワーを筆頭に大阪の通天閣、横浜のマリンタワー、パリのエッフェル塔など日本にも世界にも数多くありますが、「最後発」故、塔のみならず周辺の再開発・街づくりまで一体になっている所も特徴だろうと思います。
「ソラマチ」の他、水族館やプラネタリウムもあるのか。
 と書いて今ハッと思ったのですが、2つ先の東向島駅に「東武博物館」がありますけれど、今だったらここに造られたかも知れなかったですね。
 ところで、スカイツリー自体ライトアップしたりと色々楽しい仕掛けもあるようですが、気になるのはこの夏の電力事情。
 少なくとも去年より大きく好転するとは考えにくく、夏の観光シーズンに影響が出ないと良いですが。

◆ ダイヤに輝く鉄おとめ 第61回
 京急の運転士さんで、大手私鉄の乗務員となると、第4回の名鉄の車掌以来になりますか。
 夫婦そろって運転士とは、もうそういう時代なのか…と思いました。
 女性だからというのではなく、鉄道の世界だと(他の乗り物でもそうだが)「師匠」との関係はなかなか重要なもののよう…これは私自身の経験からも言えるのですが。
「男前なブレーキ」というのは何だか乱暴なブレーキ扱いのイメージがしてしまう(もちろん実際はその逆)ので、この表現は一考を要するのではないかと思いました。

◆ のりもの探Q隊 vol.11
「新交通システムの無人運転の仕組みに迫る」と題し、ゆりかもめを取り上げています。
 システム自体は、鉄道ファンなら色々な媒体で見聞きしている事で、それ程目新しくもないとは思います。
 システムとは関係ないですが、ゆりかもめは各駅毎のシンボルの模様が面白く、説明書きもあるので一見の価値ありです。

「のりもの情報局」では相鉄ED10形のディスプレイモデル発売の話題があります。
 最大で4両が在籍し、厚木基地へのジェット燃料輸送や、甲種車両輸送用として2007(H19)年まで使用されていました。
 マヤ34牽引の実績もあります。

◆ 黄色のページ
 片上鉄道の展示運転の案内があり、列車の時刻も記されています。
 片上鉄道は「鉄おとめ」や、以前の「駅旅本線」でも取り上げられた事があり、JTB時刻表掲載の頻度が結構高いのですが、何かつながりがあるのでしょうか。
 こうなると南部縦貫や下北、りくべつ鉄道あたりもあっても良さそうです。
(なおアドレスが間違っているので注意。「katatesu」になっているが「katatetsu」)
 都営バスの「東京→夢の下町」(S-1系統)は結局、原則上野松坂屋前~浅草~スカイツリー~錦糸町駅というルートに落ち着いたようです。
 20分間隔で、土休日の4本のみ東京駅丸の内北口~上野延長運転。
「私鉄時刻表特集」は秩父鉄道で、平日・土休日の両方が記されています。
 特に影森~三峰口間で本数が減って、平日は1時間以上間が空く所もあります。
 少なくなったとはいえまだ貨物列車も多いので難しいかもしれないですが、30分とか、60分とかの間隔によるパターンダイヤ化が望まれる所。
 あと西武線の所でも書きましたが、今一度直通運転を盛り上げて、観光客の誘致が図られればと思います。
 本文の訂正欄で日光交通と大井川鐵道のバスの時刻がありますが、訂正というより改正ダイヤが間に合った、という所でしょう。
 日光交通の赤沼車庫~小田代原には6月~8月の土休日に4時台の便があるのにはちょっとびっくり。
 もちろん東武バス便の運行はまだなく、マイカーからの乗り換えという事でしょうか。
(「赤沼車庫」とは「赤沼自然情報センター」の事で、東武バス日光の「赤沼」に隣接。戦場ヶ原の手前)
 大井川鐵道は新たに千頭・奥泉~閑蔵駅前のバスの運行を開始。

◆ 本文
 既に4月号で時刻が予告されていますが、東北新幹線30周年記念の<やまびこ235号(東北新幹線大宮開業30周年記念号)>が、大宮→盛岡で運行されます。
 もちろん200系。

 新潟駅の高架化工事で5月27日の午前中を中心に大幅な変更があり、特急<北越>で一部区間、<いなほ>では全区間の運休が発生。
 代替の快速が越後石山や豊栄を起終点として設定されているが、普通列車の代替も兼ねている区間があります。 

 高速バスは、木更津の三井アウトレットのオープンの関連で、4月13日にアクアライン関連で改正となっている路線がいくつかあります。
 浜松町・東京駅・横浜・川崎~アウトレット路線新設の他、新宿~木更津線の一部がアウトレット経由に変更。
 なお4月14日に新東名高速道路が開通し、夜行を中心にルートを変更している高速バスが数路線あるようですが、ダイヤへの影響は特にないようです。
 新路線も今の所なし。

 会社線では、十鉄の電車代替バスの時刻表の掲載が始まりました。
 平日17往復・土休日11往復と転換時点で既に鉄道より本数が少なく、平日でも2時間空いている所があって、先行きは不安だなあ。
(なお、この路線には関西から移籍した西工ボディの前後ドア車が、しかも十鉄バスカラーで運用されているらしい。一度見に行かないと?)
 神戸電鉄では「5月中旬時刻改正予定」とありますが、5月19日改正と公式Webサイトで発表になっています。
(粟生線の、特に志染以遠が信じられない位の減便になるのですが、6月号発売時に書きます)

 国際線航空では、スターフライヤーの北九州~釜山線が7月12日就航。
 1日2往復で所要45~50分。
 コンチネンタル航空便は全てユナイテッド便名に統一されました。
 単にCO→UAにしただけで、数字は変わっていないようです。
 ニュージーランド航空は「スケジュールに変動が出ております」の注釈があるが、公式Webサイトに寄れば、「運航機材の調整」を理由として、一部日程で運休やB777→B767への変更、オークランド~成田・関空線はオークランド→成田→関空→オークランドの三角運航に変更するとの事。

 6月号の発売は5月25日(金)という事で、スカイツリー開業後になります。
 スカイツリーを巡る乗り物の話題が期待されます。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 今日はJR福知山線の大惨事から7年です。
 この事については何度か書いていますからここでは改めてどうのこうの言う事はしません。
 改めて犠牲になられた方のご冥福をお祈り致します。
 どうかこのような大惨事が、二度と起きませんように。

 ANAの成田~シアトル線の7月25日就航が発表になりました。
 この路線はB787新規就航路線として、サンノゼと共に発表になっていたのですが、とりあえずはB777-300ERで就航するとの事です。
 B787はやはり、いまだ導入に順調さを欠いているのでしょうか。
 シアトルはアメリカのメインランドでは一番日本に近い大都市で、成田からだと10時間かかりません(9時間30分)。
 逆でも10時間30分。
 シアトルといえば、マリナーズやボーイング以外にも、「Nintendo」でも有名な所。
 ANAでは以前、B747-400にポケモンのキャラをあしらった「ポケモンジェットUSA」を就航させていた事は、ご存知の方も多いはずです。
 あの時点で、「シアトル線を開設してポケモンジェットUSAを就航させたら面白いだろうなあ」と思ったものです。
 どうでしょう、B787にピカチュウ描いて飛ばしてみませんか?

《今日のニュースから》
いわき市小名浜港の観光船 約1年振りに運航再開

この記事へのトラックバック