№435 何か足りない“MADE IN DREAM”

 昨日5日、東北新幹線E5系<はやぶさ>がいよいよ運行を開始し、多くの注目を集めました。
 と言う所で、何を今更と言う部分がありますが、今日はこれを記念したJRのポスターをご覧頂きます。

画像

 首都圏のJR駅でご覧になられた方も多いでしょう、「MADE IN DREAM」。
 過去の東北路を彩った名車が並んでいます。

 初の東北特急・C62牽引の初代<はつかり>、日本初のディーゼル特急・キハ81系、1982年開業の東北新幹線200系、E2系<はやて>、そしてE5系<はやぶさ>…。

 あれ、何か抜けていませんか?

画像

(1982年8月27日 青森駅)

 そう、583系<はつかり>がないのです。

 鉄道史上においても、583系<はつかり>がデビューした1968年は、東北本線の電化が全線で完成したという歴史的なトピックがありました。
 その歴史の象徴である583系がキレイさっぱり抜け落ちているのは、どうした事でしょう?

 583系は1968年10月1日、有名な「ヨン・サン・トオ」の白紙改正で<はつかり>として本格デビュー、昼夜兼用の仕様を生かし、夜行の<はくつる><ゆうづる>や、後に常磐線経由で設定された姉妹列車<みちのく>と共に、日夜東北路を駆け抜けました。
 東北新幹線開業後<はつかり>は盛岡発着の新幹線リレー役に徹する事になりますが、それでも比較的最近まで583系を見る事が出来ました。
 後に485系も加わる事になりますが、私の中で青森特急と言えば、イコール583系です。

 さすがに今の583系は、団体列車などで細々と走るだけで、秋田所属車は廃車が近いとも伝えられています。
 昼夜兼用の構造にも賛否がありましたが、とにもかくにも国鉄史上の名車である事は疑いようがないはずです。
 なので、このポスターに583系の姿がないのは、残念でなりません。
 せめて最後の仙台所属車両の健闘を祈る事にしましょう。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 上に掲げたポスターにも描かれていますね…。
《今日のニュースから》
東京スカイツリー 第1展望台を報道陣に公開

この記事へのトラックバック