№2060 台風19号災害 早期の復旧を願います

上田交通鉄橋 千曲川 上田~城下間.jpg
 岡山・出雲旅行記は1回お休みします。正直今日のところは、あまり書く気がしないので。
 長野車両センターが浸水した北陸新幹線、震災から立ち直ったばかりの三陸鉄道リアス線、今年乗ってきたのしなの鉄道、それに中央本線、水郡線に箱根登山鉄道、上田電鉄、東武の佐野線に日光線、阿武隈急行、などなど。
 だからあれほどお願いしたのに、先月の台風15号で被災した路線はなんとか全線再開できて、今年はこのままいって欲しいと思っていたのに。むろん人的被害が一番重大だが、また今年も鉄道が豪雨によって、重大な損害を受けてしまいました。鉄道だけでなく、中央自動車道や上信越自動車道も被災して、新宿や池袋から信州方面に向かう高速バスも、ことごとく運行停止に追い込まれています。
 北陸新幹線は、どうなるのだろう。長野~上越妙高間の再開は1~2週間かかると言っているが、何より車両の約1/3が被災してしまったので、再開できても、当分大幅な減便は避けられまい。新幹線車両が水害で被災するというのは、新幹線55年の歴史で、初めての事になるでしょう。
 一番心配なのは、千曲川の鉄橋がやられてしまった上田電鉄で、現状は下之郷~別所温泉間で折り返し運転、上田~下之郷間はバス代行輸送、電車の運転区間を何とか城下までは延ばしたいが、電力や信号設備の問題があるという事。全線再開は、また年単位の時を必要としてしまうのだろうか。このまま廃線、にはならないと思うし、思いたいが。
 今回は関東の大手私鉄も大規模な被災に遭ったのが特徴だろうか。東武の他、小田急小田原線も渋沢~新松田間の山間部の路線が被災して、こちらは今日の15時に運行を再開できて、ロマンスカーも明日は通常通りとなると聞いている(当然、当分は徐行だろうが)。京王動物園線は、明日中の再開を目指すとしています。

 やはり昨今の異常気象が原因なのだろう、この数年は毎年必ず、豪雨による大災害が起きるようになってしまって、去年の西日本豪雨も記憶に新しく(今書いている旅行記で乗ってきた伯備線も、豪渓~上石見間がしばらく運行停止になってしまっていた)、せっかくもうすぐ芸備線が23日に全線の運行再開にこぎ着ける所まで来たというのに、この数年、2歩進んでは3歩交代、の繰り返しになってきているような気がします。
 気象そのものについては置くとして、これだけ甚大な被害が繰り返されると、もう一鉄道事業者(たとえJRや大手私鉄クラスでも)や、地方自治体のみでは、対策も手に余ってしまうのではないだろうか。異常気象が収まらないうちは、重大な災害をもたらす強大な台風・豪雨などは、毎年必ず来るものと、もう覚悟を決めておいた方が良い。やはり国レベルで、交通機関を災害から護る対策を取って欲しい。むろん日本全国津々浦々、あれもこれもとは行かないが(交通だけではないし)、交通に関しては、やはり公共交通、特に鉄道を最優先にやって欲しいなあ、というのが、政治には期待したい所です。

 とにかく今は、「あいつが悪い、こいつが悪い」と罵りあっている場合ではない。過去のどんな大災害でもそうだったけれど、何よりまずは一刻も早い災害からの復旧に、全ての人が知恵を絞り、行動を起こす事でしょう。
「じゃあ、お前は何をやるんだ?」と問われると、正直言葉に詰まってしまうのだが、まず長野、今回の災害とかには関係なく、今年中にもう一度行って、しなの鉄道に加えて上田電車を撮りに行くんだ、という事は考えていました。なので、現地の様子を見計らって、という事になるが、今年中には一度現地を訪れて、走っている路線には乗って、ある程度大きな買い物もして、…まあ、その程度の事しかできないのだけれど、ほんの少しでも、地元の方々、地元の交通機関にプラスになるような事ができれば、今はそう考えています。

 今は、全国各地で亡くなられた方々のお悔やみを、その他被災された方々にはお見舞いを申し上げると共に、一刻も早く…とはならないのだろうけれど…立ち直って、元気を取り戻せる事を、まずは望みます。私も、本当に微力だけれど、何か手助けになるような事は、やりたいと思っています。現地の方々がどの程度喜んでくれるのかは、心元ないのだけれど。
 本当は他にも書きたい事はいろいろあるのだが、今日の所はここまでです。

 それにしても、我が家は恵まれているよなあ。今回の台風でも、我が家は夜半に台風が通過する頃でも、停電が数回起きただけで、大きな被害は受けませんでした。もうかなりの年数、ここで暮らしているが、避難しなければならないほどの状況に陥った事は、一度もありません。今回の豪雨、いや、過去の大災害で被害に遭われた方々には、申し訳ないとも思っています。今こうしてブログ記事を書けている事を、感謝しなければ。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》
13日 体操世界選手権 米シモーネ・バイルズ 61年ぶりの5種目制覇
14日 韓国チョ・グク法相 辞任発表
15日 パナソニック・日本アイビーエム 半導体部門での提携発表

№2059 山陽・山陰 ローカル線巡り 3.気まぐれ一畑電車 乗ったり降りたり撮ったり

2019100138.jpg
 月が変わって10月は、松江で迎えました。
 この日も最初は天気が良くないと聞いていたので、一畑は本線を乗り通すだけ、木次線にでも乗ってこようかなあ、と思っていましたが…。

10月 1日(火)

 だから松江しんじ湖温泉を9時過ぎに出る電車に乗ればいいじゃん、とまったり構えていたら、なんだ、結構晴れているじゃん、。やや慌て気味にホテルを後にして、松江しんじ湖温泉駅に向かいます。

2019100101.jpg
 時間まで、駅付近でバスを数枚撮りました。完全なドピーカンとはいかず、時々雲が太陽を遮ったりしてしまうのだが。松江市営の観光バスは、他にも数台通過、SHDのエアロクィーンもいました。団体?

2019100102.jpg
 レイクライン。この車両はもう20年くらい走っているが、新車両も入っているよう。

2019100103.jpg
 新車両といえば、ビックリ!ブルーリボン・ハイブリッドも。

 どこまで青空が持つか正直解らないけれど、今青空なら、やはり一畑電車一本でいくべき。一日中、一畑電車に乗って、どこかで写真を撮ろう、と決定。

2019100104.jpg
 松江しんじ湖温泉駅。この駅前に立つのは、2014(H26)年3月5日以来、という事になりますか。

2019100105.jpg
 窓口と、券売機。今日から新運賃です。
 ちなみに、この駅のコインロッカーは、今でも300円を維持しています。しかも多少大きめ。

一畑電車フリー乗車券.jpg
 という事で、フリー乗車券も今日から100円アップ、1,600円となっていました。金額の訂正とかではなくて、最初から新しい運賃のものを用意してありました。

2019100106.jpg
 8時44分着は元東急の1000系。

2019100107.jpg
 構内には元京王の2000系がいました。どちらもオレンジ+白帯の、一畑電車トラディショナルカラー。

2019100108.jpg
 9時20分発310列車で出発。右側の2103F「IZUMO BATADEN 楯縫号」。左の7000形は、この後の47分発312列車になるようだ。

2019100109.jpg
 2103号車は、宍道湖の眺めを堪能できるように、という事だろう。中央の座席が湖側を向いています。
(2113号車は普通のロングシート)

2019100110.jpg
 松江イングリッシュガーデン前駅で、また1000系と交換。この駅、元々は古江と言っていたが、21世紀になって、2度改称しています。
 線路はやはり、貧弱だ…。

2019100111.jpg
 窓越しに眺める、宍道湖。

2019100112.jpg
 一畑口で途中下車。スイッチバックの停車時間があるので、やや急いで踏切を渡る。行き違いがあると電鉄出雲市行は2番線発着になるのだが、駅舎まで遠回りになってしまう。踏切が鳴る前に渡って撮ってみたけれど、イマイチ。

2019100113.jpg
 行き違いの313列車が1000系の「ご縁電車 しまねっこ号」、だったのだが、これもややイマイチ。この駅は、上下のホームと線路のポイント、踏切、架線柱の位置関係からして、行き違いがあると(順光にこだわるなら)上下とも出来は今ひとつになる感じ。

2019100114.jpg
 一畑口駅。無人駅。

2019100115.jpg
 一畑薬師へ向かう、出雲市生活バスのリエッセⅡ。昔は一畑電鉄のバスだったのだが。

2019100116.jpg
 時刻表。ご覧の通りで、行き違いがないと、両方向とも駅舎側の1番線に発着する。

2019100117.jpg
 へぇ。一畑も「鬼太郎」とゆかりがあるのか。目玉おやじのモニュメントが、1番ホームにありました。

2019100118.jpg
「RAILWAYS」も、もう9年前なのか。記念のプレート。

2019100119.jpg
 ロケ当時の様子を紹介するプレートもあり、撮影時の写真もあったりするのだが、手前の駅名標のため、やや見づらい。

 次の312列車は、比較的間隔が短い。7000形の単行だった。当然、初めての乗車になるが、観察は後でゆっくり。

2019100120.jpg
 本線は、一畑口を境にして線形がはっきり異なる。小刻みなカーブや勾配が多かった松江側に比べ、出雲方は平坦で直線が長い。線路が貧弱なのは変わらないが。

2019100121.jpg
 大寺で降りてみました。315列車。7000形の単行。駅付近は田園地帯で、ここでも稲がたわわに実っている。

2019100122.jpg
 314列車を待っていたのだけれど、これも7000形の単行だった。

 この後、川跡駅までは歩いていきました。

2019100123.jpg
 この車は出雲一畑交通のジャンボタクシー、なのだが、出雲市福祉バスとして運行している。2ルートあって、どちらも週2日・2往復運行。火曜日のこの日は、ビッグハート出雲まで往復する東部線として運行。

2019100124.jpg
 川跡駅の窓口に掲げられている時刻表では、運用も読み取れます。これは平日用で、これで行くと、「IZUMO BATADEN 楯縫号」はF(電鉄出雲市からは回送で、大寺を通過していくのを見た)、「ご縁電車 しまねっこ号」はB、7000形は★E(★の意味が解らないが、分割された車両という事か)とGで運用されている。

2019100125.jpg
 土休日用の時刻表。

2019100126.jpg
 電鉄出雲市と、出雲大社前から電車が同時に着きました。左は319列車、右は17列車。だから5000系の運用はDだ。

2019100127.jpg
 川跡の3本並び。一畑のダイヤは昔から原則として、川跡で電鉄出雲市行、松江しんじ湖温泉行、出雲大社前行の3本が並び、接続を取り合う構成になっています。

2019100128.jpg
 再び出雲大社前へ折り返していく5000系。

2019100129.jpg
 あれ?316列車は運用Gだから7000形の単行のはずが、「IZUMO BATADEN 楯縫号」だ。雲州平田で入れ替えがあったのか?

 本数が少ない路線だから、撮影効率が良くないのは仕方がないし、次の電車までまた待つ時間が長くなるのも、また仕方がない。先に出雲大社前へ、5000系で行きます。

2019100130.jpg
 大社線の沿線。本線とそんなに変わらない感じ。

2019100131.jpg
 出雲大社前駅。ここも5年ぶり。

2019100132.jpg
 駅舎の中も、そんなに変わらない。ただ、発車案内表示が、液晶モニターになっていました(他の有人駅もそう)。

2019100133.jpg
 デハニ50形の絵?よく見ると、プラスチックストローで作られているようです。

2019100134.jpg
 本物のデハニ52。静態保存中。

2019100135.jpg
 その車内。

 折り返しの電車で一度出雲大社前を後にするが、観光対策という事なのか、松江しんじ湖温泉直行の101列車となります。確かに、観光客風のお客さんが少なくなかった。

2019100136.jpg
 一畑電車の沿線もまた、彼岸花が咲き誇っています。

2019100137.jpg
 高浜駅近くに静態保存されているデハ3とデハ6。デハ6はクリーム+青帯に塗り替えられていました。

 川跡で、電鉄出雲市行320列車に乗り換え。「ご縁電車 しまねっこ号」。あれ、運用はEだから7000形の単行のはずだが。川跡駅窓口の時刻表の運用のアルファベットは、あまり厳密なものではない、と考えた方が良いか。床にはあみだくじが描かれている。

2019100139.jpg
 終点の、電鉄出雲市駅。高架化されて久しい。

2019100140.jpg
 その高架ホーム。2番線は4連対応。特急〔スーパーライナー〕が4連なので、その対応か。1番線は2連まで。

2019100141.jpg
 こちらはJRの出雲市駅。駅前に止まっている一畑バスは大型のエルガ、しかも長尺だ。旧塗装を復刻、というより、もう復活と言っていいだろうカラーリングだ。こうしてみると電車もバスも、一畑はカラーが昔のデザインに回帰している、という事だろうか。

2019100142.jpg
 今度は大津町で下車。この駅の旅客列車同士の行き違いは平日の上下の始発列車同士の1回だけ、他は全列車、駅舎側の1番線に発着。ただし駅は無人で、直接外から2番線に出入りできます。

2019100143.jpg
 その2番線に通じる構内踏切で撮った、2111F。今朝松江しんじ湖温泉駅にいた編成が出てきた。前回来た時は京王色を復刻していたが、今回は自社の旧塗装を復刻していました。★Dの運用。
 電鉄出雲市から折り返してきたこの編成に乗って、川跡で再度乗り換えて出雲大社前へ。★G運用の7000系単行。

2019100144.jpg
 出雲大社前で並んだ、新旧の単行。

2019100145.jpg
 川跡での3本並び。手前が、再び出雲大社前へ折り返す7003号、真ん中は電鉄出雲市発松江しんじ湖温泉行7001号。奥億は逆に、松江宍道湖温泉から戻ってきた5000系。松江へは、7000形同士の乗り継ぎになりました。松江しんじ湖温泉行は運用Gで、「IZUMO BATADEN 楯縫号」のはずが、また7000形に戻っています。この車両交代劇は、何か理由があったのだろう。

しまねっこ.jpg
 7000形の車体はJR四国の7000系をベースにしていて、中央部は、将来のドア増設が可能な構造としているが(そうなる可能性はほぼないだろうが)、その部分には、「しまねっこ」のオブジェが、チョコンと飾られていました。この部分は自転車搭載スペースとしています(反対側は車イススペース)。

2019100146.jpg
 雲州平田の車庫には、再び「IZUMO BATADEN 楯縫号」の姿がありました。

 こうして、松江しんじ湖温泉に戻ってきました。残念ながら、大津町でたたずんでいたあたりから薄雲が広がりだし、松江に帰ってきた時には完全に曇り空となりました。明日はもう好天、という事はなさそうで、一畑に加えて、JR線に乗る事になりそうです。
(夕方の航空便で帰らなければならないので、木次線には行かない)

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》
11日 大相撲 貴ノ富士 現役引退 
12日 マラソン 1時間59分40秒 エリウド・キプチョゲ 人類初2時間切り

 このマラソンは正式な大会ではないし、41人のペースメーカーの補助を受けてのもので、公認記録にはならない、という事。
 今日の国内のニュースはほぼ全て、台風19号一色に塗りつぶされた感があります。伊豆の国市は大変な被害、という話も聞こえてきました。事前に気象庁から「狩野川台風並み」の台風だ、との発表があり、そういえばこの前行ってきた「ジオリア」には狩野川台風の展示もあったのだけれど、その再来になってしまった、という事なのか。私の住んでいる所も、この記事を書いている間、数回停電が発生しました。幸い皆短時間で、現在は風も収まってきているが、直接の雨風に加えて、相模川上流の城山ダムなど、いくつかのダムで緊急放流実施、という話が聞こえてきます。この台風の影響、間違いなく、明日明後日で収まるものにはならないでしょう。せめてどうかこれ以上の人的被害が出ない事を、祈るのみです。

№2058 山陽・山陰 ローカル線巡り 2.伯備線と鬼太郎列車

 台風15号の傷が癒えていないというのに、台風19号が関東地方に迫ってきました。交通関係では、ANAがあさって12日の羽田・成田発着の国内線全便の欠航を早々に決定しており、鉄道も東海道・山陽新幹線やJR東日本の在来線、小田急あたりが、12日の計画運休を予告しています(具体的には明日発表)。スポーツも12日のラグビーW杯2試合は中止(13日の日本vsスコットランドは当日朝判断、との事)、他にプロ野球CS巨人vs阪神第4戦や、サッカーのJ2・J3の一部試合なども中止が決定しています(CS西武vsソフトバンクは、21時30分現在では未発表)。日比谷の鉄道フェスティバルなど、全国各地の鉄道関係のイベントも、相次いで中止になってしまいました。
 この台風もまた、地球温暖化による異常気象によるものだろうが、夏場の異常気象が、秋にまで引きずってしまうのが、この数年の傾向のようです。だから「スルッとKANSAI」のバスのイベントも6月に前倒しになるのだが、この先も、大型台風などの動向によって、交通の運行やイベントの開催などが左右される事に、なってしまうのでしょうか。「スポーツの秋」「文化の秋」なのに。温暖化対策云々はここでは置くとして、今回の台風に関しては毎度の事だが、とにかく人的な犠牲が出ない事、そして鉄道を中心とした交通機関が、再開まで月、さらには年単位の時間がかかってしまうような被害に遭わないように、今願うのはここまでです。ともかく明日には、3連休の行方が見えてくるでしょう。

2019093050.jpg
 岡山と出雲の旅の続きです。伯備線乗り継ぎで米子へ抜け、境線では「鬼太郎列車」に乗りました。どちらもやはり何年ぶりだろう?という位、前回の乗車から時間が経ってしまいました。

伯備線849M.jpg
 岡山11時15分発、伯備線849Mは213系2連。ワンマン運転。

岡山貨物ターミナル.jpg
 岡山の貨物のターミナル。山陽新幹線の到着も見ます。

2019093053.jpg
 倉敷で山陽本線と別れ、総社を過ぎて空いてきたので、駅弁を広げる事にしました。「栗おこわ弁当」(900円)。

2019093054.jpg
 総社を過ぎると、カーブが増えてきました。備中高梁を過ぎたら単線。でも、さすがに吉備線とは違ってスピードも出るし、快適。
 伯備線の沿線も、彼岸花がブイブイ咲いていていました。

2019093055.jpg
 213系の車内。2ドア転換クロスシートなんて、関東のものから見たらうらやましいとも思う。が、やはり乗降が多くて、各駅に細々停車していく列車には、やはり合っていないだろう。乗降に時間がかかるので。

2019093056.jpg
 高梁川。
 岡山は青空も広がっていたのに、新見が近づくにつれてだんだん雲行きが怪しくなり、到着直前、ついに大粒の雨が降り出しました。

2019093057.jpg
 何年ぶりに立つだろう?の新見駅前。ザンザ降りになってしまった。

2019093058.jpg
 駅の時刻表。〔やくも〕は1時間間隔で停車するものの、普通列車がどの方向もかなり少ない。伯備線岡山方面はかろうじて1~2時間毎にあるが、米子方面は8本、姫新線も8本(1本休日運休)、芸備線は6本(1本土休日運休)しかない。
 伯備線の米子方面行は全列車、次の布原を通過する事になるが、路線図を見ると、布原は伯備線ではなく、ほぼ芸備線の駅の扱いだ。

2019093059.jpg
 13時16分発米子行は、〔やくも11号〕が出発した後、車庫から出てきました。115系2連。クモハ114は運転台増設車両で、103系の幅を広げたような顔つき。
 体操服姿の子供たちの団体(という程は大人数ではないが)が乗り合わせて割と賑やかだが、一方で、かなり足が弱そうなご高齢のご婦人が乗り込もうとして、杖を床に落としてしまう場面も。

2019093060.jpg
 布原の手前の、西川(高梁川の支流)。遠い昔、大先輩方はここまで、SL三重連を撮りに、遠くから大勢押し寄せていました。

2019093062.jpg
 といっても実態は、ほとんど信号場。国鉄時代は仮乗降場で時刻表に記載がなく、国鉄最終日(1987(S62)年3月31日)に駅に格上げされたが、ホームは上下とも1両分しかない。伯備線の列車の客扱いは、最初から考慮されていない事がうかがえます。
(でも、芸備線も昔はもっと長編成だったはずだ)
〔やくも16号〕を待つ。通過扱いの運転停車では外には出られず、車内から狭い範囲を伺うだけ。

 先のおばあちゃんは、よろよろした足取りで、次の備中神代で降りて行きました。他数名の乗客と共に、駅前に停車していた、新見市の自治体バスの乗り換えて行く。
 さらに、岡山県で最後の駅となる新郷で、小学生の団体が降りて行くと、県境区間の乗客は2人だけになってしまった。〔やくも〕が1時間おきに行き交う幹線に見えても、新見~生山間に関しては、「秘境路線」そのものだなあ、の印象がありました。

 EF64形のフレートライナーが待っていた生山で、ようやくまとまって乗車があって、ほっとします。

2019093064.jpg
 江尾で10分以上停車、〔やくも20号〕の通過を待つ。〔やくも〕は381系の4連、〔踊り子〕と共に最後の国鉄型特急車両を使用する列車だが、見た限りでは、ここに来て痛みが目立つ〔スーパービュー踊り子〕に比べたら、皆ツヤツヤで真新しく見えました。

2019093067.jpg
 伯耆溝口を過ぎると、山岳区間は終わり。右手に伯耆大山が見えるが、ほとんど雲を被っている。

2019093068.jpg
 米子から境線に乗車。乗車券は松江までなので、PASMOで往復します。「鬼太郎列車」。去年リニューアルして新デザインになっています。1655Dはキハ40 2095(ねこ娘)+キハ40 2118(目玉おやじ)。最近のアニメのねこ娘はほとんど水木しげる色がなくなって、現代風のキュートなヒロインになっているようだが、これが本来のねこ娘。

2019093069.jpg
 座席の地も、鬼太郎キャラのものに張り替えられています。これは目玉おやじ。屋根にも描かれています。
 車内放送も、,鬼太郎・ねこ娘・目玉おやじの声が入っています(具体的にCVは誰、というのは解らん)。

2019093070.jpg
 境線には各駅毎に「鬼太郎」のキャラや、妖怪の名前が愛称として名付けられています。米子は「ねずみ男」で、境線が発着する1番千には、ねずみ男のオブジェが立っています。

 境線は、民営化後の新駅の開業もあって、かなりマメに停車していく。途中の後藤工場では、283系が入場しているのを見ました。という事は、〔サンライズ〕は予備車両なしで走っている、という事か?
 弓ヶ浜で交換した1654Dは、キハ126×2連だった。全部が鬼太郎列車ではないのか?代走なのかもしれない。

2019093071.jpg
 直線が長い。三本松駅も、民営化の直後に開業した駅。

2019093072.jpg
 各駅にはこのように、愛称を描いた駅名標が立っています。「牛鬼」の中浜で10分以上停車し、1656Dを待つ。キハ47×2連で、2019(砂かけばばあ)+2004(子泣きじじい)。じいさんとばあさん、か…。
(後日ご覧頂きます)

2019093073.jpg
 境線は今年からICOCAを導入しているが、車内にICカードリーダーを設置しています。桜井線や和歌山線に入った227系1000番台もそうだし、4月1日に乗った関西本線のキハ120形にも搭載されていて(まだ運用されていない)、JR西日本は今後、この方式で、ローカル線区のIC導入を進める事になるようです。他のJRや私鉄には波及するか。

2019093074.jpg
 境港駅に着きました。ここは駅員がいて、ICカードリーダーも駅にあります。境線で駅員がいるのは、米子とここだけのようだ。

2019093075.jpg
 駅前には、妖怪たちに囲まれながら執筆する、水木しげる先生のモニュメントが。

2019093076.jpg
 駅前のバス停。松江市のバスも入る。停車している日の丸バスは、空港経由皆生温泉行。

2019093077.jpg
 改めて、鬼太郎列車。今度は目玉おやじが先頭。
 駅前は観光客、特に中国人?が多かったですねえ。この列車やモニュメントに、カメラやスマホを向けていました。彼の地でも「鬼太郎」は有名なのでしょうか。

2019093078.jpg
 目玉おやじ。

2019093079.jpg
「正統」ねこ娘。

 折り返し1658Dで、米子に帰ります。行きも学生が多かったが、この列車では、次の馬場崎町からの学生の乗車が多かった。

2019093080.jpg
 米子空港駅は、駅は棒線の無人駅だが、空港ターミナルまで、長い連絡通路が伸びています。この駅ができる前、米子からANA便に乗ったことがあるのだが、あの時は中浜駅からターミナルまで歩いたものでした。
(8年前、震災直後に搭乗した時は、松江駅からバスで直接空港に向かっていた)

2019093081.jpg
 往路では機影がなかった旅客ターミナルには、ANAのB767-300がいました。羽田行388便。

 往復乗ってみた感じでは、境線も、米子近郊の通勤・通学の足(やはり通学か)として機能しているように思いました。であれば、境線もまた、電化という方向に持って行けないものか。駅の数が多い路線だとDCではやはり遅いし、今後環境対策も考えたら(境線・JR西日本に限った事ではないが)、いつまでもピュアディーゼルエンジンの列車というわけには行くまい。線路も貧弱に見えたし、都市鉄道として、電化・近代化という方向に向かって欲しい。

2019093082.jpg
 米子に戻ってきた。階段では鬼太郎たちがお見送り。
 松江へ向かう快速〔鳥取ライナー〕3429D(といっても、ここからは各駅に停車)は、おお、また「コナン列車」だ。
 鬼太郎→コナンの豪華乗り継ぎ。ただ、コナンの方は、内部の装飾はない。

2019093083.jpg
 松江駅で。コナン君。
 発車を見送ると…。

2019093084.jpg
 4番ホームに「瑞風」の姿がありました。初めて見た。
(左は〔スーパーまつかぜ12号〕)

2019093085.jpg
 明日は消費税増税による運賃改定。ただ、米子や松江では見た限り、定期券購入のための長蛇の列、というのは、見ませんでした。それでも運賃改定に備え、券売機を停止させる措置がとられるようで、既に一番右の1台は停止していました。他の2台も順次止まる事になるのでしょう。
 でも、ちょうど30年前に消費税制度が始まって、その後消費税増税が平成の間に2回行われているが、こんな事、やっていたっけ?

 この後、投宿するホテルに向かうために乗った松江市営バスは、旧横浜市営バスでした。明日・明後日晴れてくれたら、一畑電車だけでなく、松江や出雲のバスも、いっぱい撮りたいのだけれどなあ。あまり期待しない方がいいな、と思いつつ、就寝体制に入ったのでした。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》
 9日 ドイツ東部 ユダヤ教礼拝所で銃撃事件 2人死亡 
10日 セブン&アイ 3000人削減計画発表 デパート5店舗閉鎖