№2015 乗り物で行こう、あの山へ 塔ノ岳と鍋割山<後>

画像画像

 元々想定していたプランより、1時間近く早い下山開始。うまくいけば、寄からの新松田行富士急バスは、1本前の便に乗れるかも知れない。

画像

 大倉尾根の金冷シまで戻ります。右側から上ってきて、左手の塔ノ岳山頂への道を上りました。今度は手前の方へ。

画像

 穏やかな道もあります。視界が良くないけれど、それほど険しくなくて、テレンコテレンコ歩いて行ける道なら、これはこれで趣きもなくはない。
(視界が悪すぎて道に迷ってしまうようだとまずいが)

画像

 二俣分岐。ここから小丸尾根を下って、直接大倉に行く事もできます。エスケープルートに良いか。この日は、そこまでは悪天ではない。

画像

 森の中、という感じの山道。

画像

 左手はこの曇天のせいで、何も見えない。小丸尾根が見えるはずなのだが。

画像

 ツツジ、ですよね?

画像

 木道もあります。

画像

 鍋割山直下、最後に急登が待ち構えていました。

画像

 鍋割山頂、到着しました。塔ノ岳山頂から1時間弱。しかしここもまた、雲の中。展望は全くありません。
 鍋割山荘は営業しています。鍋焼きうどんが名物、らしいが、それは次の機会とさせて頂きます。スマホの自撮りだけで、残念ながら今回は10分程度の休憩のみで出発。

画像

 いきなり、急坂を下る。大倉尾根でも、こんな急坂はなかったような…。
 後沢乗越に至るこの尾根には、名前はないようだ。

画像

 この尾根にもつつじが。

 下りきった所に…。

画像

 ああ、ここだったんだ…。
 10連休のGW真っ只中の5月4日、鍋割山近くで落雷事故があり、登山者が1名亡くなった。という事は、ニュースで聞かれた方も多いと思うが、ここがその現場だったとは。
 木の幹には、鍋割山荘によるお悔やみと、雷発生時の注意事項がくくりつけられています。花も手向けられています。私も、静かに手を合わせます。
 この日は天気は悪いけれど、幸い雷の兆候は感じない。そのまま下山を続行します。

画像

 さらに下り坂が続く。やはり大倉尾根よりキツイ。

画像

 後沢乗越に着きました。一般的には左のルートを取って、二俣から延々林道を歩いて大倉を目指すのが一般的だが、今回は直進し、寄へ。

画像

 この道は秦野市と松田町の市町境になっているが、後沢乗越を過ぎると、松田町側にはフェンスが張られるようになります。シカ対策、なのか。

画像

 栗の木洞に向けて、急登になる。振り返ると、本当なら鍋割山が見えるはずだが、雲に覆われてしまっている。

画像

 栗の木洞のピークだが、森の中。大倉への道が分岐している。

画像

 急に開けた所に出て、櫟山。「くぬぎ山」と読む。鉄道ファンなら新京成電鉄のくぬぎ山駅をすぐ連想できるだろうが、漢字で書くと難しい(だから駅名は平仮名なのか)。
 どうやら雨は止んでくれたようだ。最後の小休止。雨具をしまって出発。

画像

 左手には、秦野の町を見る事ができます。

画像

 樹林帯の中を下っていく。下りながらややキツイが、道は基本的には整備されている。ただ、倒木がある。

画像

 今朝上ってきた大倉尾根と、秦野。

画像

 花が咲いているが、無学の哀しさ、名前が解らない…。

画像

 櫟山から30分弱で、林道と交差します。

画像

 シカ柵、なのだけれど、もうボロボロで、役には立つまい。

画像

 突然、という感じで、茶畑が現れました。

画像

 寄のバス停まで、隠れ里のような土佐原の集落の中のコンクリ舗装道を下っていきます。春はしだれ桜が有名だそう。いい雰囲気です。

画像

 着きました!寄バス停。
 塔ノ岳から約3時間40分、鍋割山からは約2時間30分、という所でしょうか。
バスジャパン・ハンドブックシリーズR72 終点の構図」でも取上げられた所です。

 この時に写っていたのはレインボーⅡだったが、今回の15時40分発便は、さらに一回り小型のエアロミディ。何より、お客さんがいない…。新松田から着いた便からは誰も降りてこなかったし、折返し新松田行も、ついに渡し以外、誰一人乗り降りがなかった。この路線、平日18本、土休日も12本の便があり、この手の路線としては利便性は良い方だとは思うのだが、時間帯もあるのだろうけれど、この先が少々心配だなあ、の印象が否めませんでした。

画像

 松田からは御殿場線もあるのだけれど、小田急の方がやや早く帰れる。16時07分発小田原行各駅停車。EXEαの通過を待って、出発。

 という感じで、数十年ぶりのはずの、丹沢・塔ノ岳と鍋割山の登山が終わりました。
 私の場合、まずはプラン通りのルートをとにかく歩き切る(無論安全第一、天候とも相談してだが)、のをメインのテーマと考えているので、その意味では、今回の山行は一応成功、と言えます。一昨年の金時山みたいに、途中であきらめざるを得なくなった、という事がなかったし。
 ただ、せっかくの丹沢の名峰・塔ノ岳・鍋割山なのに、展望が全くなかったのは、やはり残念無念でした。これはまた近いうちに行かねば…といっても、いつになる事やら解らないのが私の悪いクセでもあるのだが…と思います。ただ、夏場は暑いので行かない。早くても秋になるのでしょうかね。その場合は、今度はヤビツ峠からの表尾根縦走になると思います。

 なお、今回歩いた上での私の感触としては、逆コース・寄→鍋割山というのは、あまりオススメではないです。登りが大倉尾根以上にキツイ上に、整備状態が良くない所が多々あるので。ある程度の経験者ならいいと思うが、ビギナーだと、やはり塔ノ岳から来て、後沢乗越から(あるいは小丸尾根経由で)大倉へ向かうプランの方が良いかと思います。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 京阪が昨日、2019年度設備投資計画を発表しました。大規模な工事(立体化・駅舎改築など)がないからか、投資総額が92億円で、関東各社より1ケタ少ない。
 目玉は3000系の「プレミアムカー」で、今年度より6両の製造を開始し、来年度の導入を目指す。今回は8000系と違って完全な新造になるので、置き換えとなる現在の6号車、3500形(T3)はどこへ行くのか。以前書いたように、ロングシート改造の上、13000系に組み込まれる事になるのだろうとみています。今年度の新造はないが、2200系や5000系などの完全置換えが視野に入っているはずで、来年度以降ある程度まとまって新造される事になるだろうから、タイミング的にいいでしょう。13000系は6連で製作、これに組み込む事になると思われます。
 この他、6000系のリニューアルを、今年度は2編成16両に実施。
 男山ケーブル(現在休止中)は制御装置等を更新、車両のデザインを一新し、駅も美装。なお、リニューアル完成時に名称を「石清水八幡宮参道ケーブル」に、駅名を「ケーブル八幡宮口」「ケーブル八幡宮山上」に改称。
 多情報連続式ATSは、今年度は枚方市~守口市間に拡大、2020(R2)年度に京阪線全線への導入を予定。この他、耐震補強工事や、変電所の更新を実施。案内放送・ディスプレイを多言語化(車内放送は、近鉄のように、タブレット端末を使用した他言語放送が実施されています)。
 毎年の事だけれど、どうして関西の他の大手は、設備投資計画を発表しないのだろう?(他は名鉄のみ)作成しないはずはないし、株主などへの説明でも必要なものだろうと思うのだが。中長期の方針を示したものは散見するのだが、是非設備投資計画の一般への公表を、お願いしたいと思います。

「スルッとKANSAIバスまつり」、今年は明日、京都市の岡崎公園で行われます。何しろ2年連続で中止になっていて(だから今年から6月開催)、とにかく無事に開催される事を願います。私は行けないけれど。

 JR芸備線は、10月下旬に全線で運転再開の方針が示されました。先駆けて暫定的に再開している三次~中三田間は学校の夏休み期間中は運休となるが、再開後は若干のスピードアップが行われるという事です。

 JALのA350-900が昨日、羽田空港に到着し、セレモニーも行われました。一連の様子はFacebookでも公開されているが、着陸シーンは90度傾いてしまっていますね…。何とか修正してもらえないものでしょうか?

《今日のニュースから》
14日 チケット不正転売禁止法 施行
15日 JRA 156頭の競争除外 禁止薬物摂取の可能性

 JRAは明日、函館で重賞競争「函館スプリントステークス」があるが、13頭中6頭も除外で、たった7頭立て。原因は、飼料メーカーが、餌に混ぜるサプリメントを、必要な検査を行う前に出荷させたため、という事。

№2014 乗り物で行こう、あの山へ 塔ノ岳と鍋割山<前>

画像

 標高1491mの塔ノ岳。関東平野の広い地域から、一目で「塔ノ岳だ」と解る、丹沢のランドマークとして親しまれています。丹沢では恐らく、大山に次ぐ人気の山でしょう。
 という山、地元なのに、登山自体の長いブランクもあって、もう数十年もご無沙汰になってしまいました。久々に登頂にトライします。先月20日、行って参りました。塔ノ岳から、帰路は鍋割山を経由します。

画像

 塔ノ岳へのメインの登山ルートは2つ。秦野から神奈中バスでヤビツ峠まで上り、三ノ塔や烏尾山を経由する表尾根と、渋沢から神奈中バスに乗り、終点の大倉からひたすら上りに次ぐ上りとなる、大倉尾根があります。今回は、上りがキツイが一番解りやすい、大倉尾根を選択しました。小田急で渋沢に向かうが、いつもははっきりその雄姿をたたえる塔ノ岳が、この日はてっぺんが雲に隠れて見えない…。自宅を出た時からだったが、不安混じりのスタート。渋沢駅は雨が降っていたようだし(降りた時は止んでいたが)。

画像

 渋沢駅北口から、神奈中バス〔渋02〕系統で15分の大倉。しばらく来ないうちに、雰囲気が全然変わりました。公園が整備され、秦野ビジターセンターが建っています。塔ノ岳や鍋割山など、丹沢エリアの南側の基地になります。

画像

 ビジターセンターからのお知らせ。登山届けも、出しておきましょう。出発。

画像

 …の前に、「丹沢讃歌」の歌碑。

画像

 風の吊り橋。サブルートあるいはエスケープルートとして利用される、天神尾根や政次郎尾根、あるいは三ノ塔尾根への入口です。
 平日だと、他に登山者の姿はないなあ。土日だとわんさかいるはずだけれど。天気もあるだろう。雨は、ここでは降っていないが。

画像

 吊り橋は渡らず、車道を上がっていきます。「丹沢大山国定公園」の碑。

画像

 大倉尾根への入口。左の道を上がっていきます。

画像

 神奈川県の取り組み「かながわ水源の森林づくり」の案内プレート。

画像

 ヤマビル注意の看板。ちょうど今時分が、ヤマビルが一番出そうな状況だなあ。
(結局、最後まで出なかった)

画像

 しばらくは、石が敷き詰められた上り道。何しろ「バカ尾根」の異名を持つ、ひたすら登り一方の大倉尾根、焦らず行きたい。

画像

 途中、ルートが一旦2つに分かれます。左を選択。大倉高原山の家(閉鎖されている)。
「大観峰」とも称するが、視界が少ない。晴れていれば、伊豆大島も見えるそうだが。

画像

 分かれた道は、山の家の先で、再度合流します。

画像

「丹沢の門」。

画像

「丹沢の門」から、秦野の市街地を見る事ができます。ここも晴れていれば、江ノ島とかも見えそうなのだが。
 人がいなくて、静か。

画像

 雑事場の平。丹沢まであと4.7㎞。

画像

 大倉尾根における、自然回復の取り組みが書かれています。

画像

 時々、このような荒れた道もあります。

画像

 一方で、このような木道もあります。
 見晴茶屋の先で、下山の6人パーティと出会う。前夜、塔ノ岳の山頂に泊まっていたらしい。登りの人には会わないのに、この後も下山者と度々会います。

画像

 青い紅葉。叡山電鉄みたいだけれど、関東地方の山でも見られます。

画像

 駒止茶屋(お休み)。大倉から約1時間30分。
 ここで5分程休憩。

画像

 時々花が咲いているのも見られるが、哀しい事に、名前が解らない…。

画像

 堀山の家。ここは営業はしているようだが、人影がない。

画像

 この先で初めて、登りの登山者を見ます。ご高齢のご婦人の単独行だった。

画像

 天神尾根の分岐。大倉から約2時間30分。天神尾根を下ると戸沢に出て、車道を下っていくと、先の風の吊り橋を渡って、大倉に至ります。

画像

 この先は、かなり急な階段になる。ひたすら耐えて上るのみ。かなり視界が悪くなってきた。とりあえず行く手がキチンと見えていれば良いが、右手に見えるはずの鍋割山は、全く見られない。

画像

 花立小屋。月見うどんが名物らしいが、ここも今日はお休み。
 10分休憩。だいたい、想定した通りのペースで歩けている。

画像

 大倉尾根にはこのように、一定の間隔で番号札が立っています。緊急時の連絡先も記されています。英語も記されているとは、やはりここも昨今は、インバウンドの登山が多くなっているのか(この日は終日見かけなかった)。先の入口が№0。

画像

 金冷シの手前では、このようにやや危なっかしい場所もあります。

画像

 塔ノ岳直下の金冷シで、鍋割山からの尾根道と合流します。大倉から約3時間。

画像

 このような木道もあるが、金冷シからは思いの外なだらかだったかも知れない。あくまで、金冷シまでと比較して、の感触ではあるが。

 11時過ぎ、大倉から3時間強、ついに着きました、塔ノ岳山頂!

画像

 …のだけれど、山頂はご覧の通り雲に覆われて真っ白、景色も何もあったものではない。
 オマケに、ついに雨が降り出した。

画像

 山頂の、狗留尊佛如来(くるそんぶつにょらい)の石碑。
 本当はこの背後に、富士山を筆頭とする大パノラマが展開されるのだけれどなあ。

画像

 頂上に立つ、尊仏山荘。通年営業。中で休ませて貰う事にします。

画像

 尊仏山荘の中。何か一品注文を…という事なので、カップヌードル(350円)を購入、自宅から持参したおにぎりなどと共に、昼食としました。ともかく雨露凌げるのは、大変ありがたいです。
 先に堀山の家の先で追い抜かせて頂いたご婦人も、ややあって到着しました。

 一昨年の金時山のような荒れ模様でもないが、雨はもはや避けられない。手早く雨具を着用し、鍋割山に向けて出発します。それは次回。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 JALのA350-900が、明日羽田空港に到着します。今日は17時過ぎからエアバスで受領式があり、JALのFacebookでライブ配信されていました。明日は8時過ぎに羽田到着予定で、これもFacebookでライブ配信するそうです。見たいのはヤマヤマだけれど、仕事だからねえ…。6年前の発注は一般にも大きなニュースになっていたから、たぶん、帰ってきてから、公式Webやニュース番組などで見る事ができるでしょう。
 北海道日本ハムファイターズが2023(R5)年頃頃をメドに、北広島市に新球場(北海道ボールパーク)をオープンさせる事になっているが、これに対応したJR北海道の方針が昨日示されました。新駅建設も検討されるが、まずは北広島駅の改修から手をつける事となります。下りホーム(札幌方面行)は苫小牧方に4両分延長し、快速エアポートと普通の停車位置をずらす事で、ホーム上の整列スペースを確保(線路を移設してホーム拡幅、という事はしないようだ)。他に自動改札機の増設や移設、ホーム行エスカレーターを、多客時間帯には同一方向に運行、など。改修費用9億円は全額JR北海道が負担。観客の鉄道の利用は40%弱と想定しているようで、他球団と比較して低い、かもなあ。

《今日のニュースから》
12日 日本ハム吉田輝星 プロ初登板・初勝利
13日 富士山「弾丸登山」自粛呼びかけ 静岡・山梨両県 国に要望

№2013 DMV転換直前 阿佐海岸鉄道を訪ねて 3.ANA284便

画像

 タイトルに偽りあり、だなあ。阿佐海岸鉄道に乗りに行った事がメインのはずなのに、3回中2回が、羽田~徳島間のフライトの話になるとは。弾丸旅行の哀しさ、よ…。

画像

 徳島駅前の空港バス。14時10分発。一般のバスと発車時刻が同じになるため、プラットホームから離れた所からの出発。
 この便はANAに加え、5分後の同じ羽田行JAL460便にも接続するのだが、その割には乗客は少ない、と思った。比較的、高齢者が多い?

画像

 徳島空港に着くと、ANAとJALのグランドスタッフが、仲良く並んで出迎えていた。こんな事は過去経験がなく、ちょっとオドロキ。何かあったのか?と思った程だ(何もなかったが)。左の男性がANA、右の女性がJAL。

画像

 ANAのカウンター。荷物を預ける。

画像

 2Fの土産物売場。

画像

 手荷物検査場。ANA284便は、他キャリアのコードシェアはないようだ。

画像

 左のANA284便となる機材は、既に到着済み。右のJAL460便となる機材は10分遅れ、ちょうど羽田から着いた所だ。

画像

 出発ロビー。羽田便が相次いで出発するとあって、混雑している。どちらも、高齢者が多いようだ。

画像

 搭乗開始。やはりグループ分けで、私はここでも「グループ3」。

画像

 搭乗が終了し、非常デモビデオが流れる。
 一般のニュースにもなったと思うけれど、ANAでは今春から、歌舞伎役者を起用して、内容を一新しています。外国人の搭乗も意識したのだと思う。ただ、往路便のA321neo(個人モニター)でも思ったのだけれど、「歌舞伎」という方向に関心が行ってしまって、本当に伝わって貰いたい、貰わないと困る事項が、キチンと伝わらないのではないか?という心配が、少しありました。根本的には、搭乗客が非常デモビデオを見ない事に問題があるわけだが。

画像

 R/W11に向けてタキシングしていきます。前日とは逆で、徳島は、風が強くなければ、多少追い風になっても、海側からの着陸、海側への離陸、が普通のようです。

画像

 離陸。ターミナルを見下ろす。JAL便も、出発はほぼ定刻になったよう。

画像

 淡路島と、ちょっと見辛いかなあ?左側に鳴門大橋を見ます。

画像

 やや右に旋回し、和歌山湾上空を上昇していく。

画像

 離陸から5分弱で、左手に潮岬。

画像

 キャビン。特に後部は若干空席が多いか。

画像

 ベルトサインが消灯し、ドリンクサービスが回ってくる。まずはリンゴジュースを注文しました。何でだろう、飛行機の機内ではいつも、リンゴジュースが地上以上においしく感じられるんだよなあ。キャビンの乾燥も関係あるのかなあ。これと、空港で買っておいた「鳴門金時ポテト」を食する。

画像

 お代わりでコーヒーと、同じく空港で買った「金長まんじゅう」。

画像

 ANAのB737-800はまだ全機がWi-Fi対応とはなっていないらしく、予約の時点では「Wi-Fiはないかも」みたいなアイコンがあったが、このJA63AN機にはありました。まずWi-Fiの設定(ANA Wi-Fi Service)をして、それからANAのアプリを開いて閲覧する。フライトデータ。
(あらかじめ地上でスマホを機内モードにしておく必要があります)

画像

 ライブTV。CNNj。
 オーディオもあるが、スマホでMAXにしても、音量が小さいかも知れない。

画像

 スマホで撮ったので非常に見辛くなってしまったが、伊勢上空。

画像

 飛行中。離陸から25分のキャプテンアナウンスでは、静岡の南を、高度6400m(やはり低い)で飛行中、という事だった。大気の状態があまり良くないようだ。雲が多い。

画像

 再びベルトサインが点灯し、房総半島上空に差し掛かる。

画像

 これまたスマホで撮ったからか完全なピンボケで申し訳ないが(タップすればピントが合うかも知れないのにね)、市津湖。

画像

 東京湾上空。多数の船が行き交う。風の塔はかなり遠かった。という事は、R/Wは22か。風向きが、前日とは逆になっている。

画像

 中央防波堤がある埋め立て地の上空。

画像

 遠くに、R/W23への着陸機も見る。エア・ドゥに見えたがどうだろう。

画像

 徳島の離陸からやく1時間で着陸。ここも、ややブレーキがキツイ。
 アナウンスでは69番ゲートに向かうという。つまり第2ターミナルの南側で、結構遠い。

画像

 タキシングしていくと(右手には国際線ターミナルが見えているはず)、A滑走路からVNのA350-900が離陸していく。B滑走路の方も離陸機が見えた。
 幸いその次は離陸機の間隔が空き、待たされる事なくA滑走路を横断。

画像

 第2ターミナルでは、国際線部分の増築工事が、なおも続いていました。
 到着は16時40分定刻。キャプテンアナウンスでは5分遅れになると言っていたのだが。「ご協力ありがとうございました」と、アナウンスがありました。
 前日の285便の出発が16時40分。だから、ちょうど24時間…。

画像

 到着が定刻でも、南側フィンガーの一番端の69番ゲートでは、手荷物受け取り場まで遠い…。10分位は平気でかかる。

画像

 なのに徳島空港で預けた手荷物は先に受け取り場に着いていて、ポツンポツンと、既に停止していたテーブルの上に置かれていました。預ける人は少なかったみたい。

 という感じで、GW直後の徳島阿佐海岸弾丸旅行は終了しました。やっぱり、飛行機に乗るような旅なら、あと1~2日は欲しいよなあ、というのが実感でした。阿佐海岸鉄道に関しては、次回行くのは当然DMV転換後、となります。JR牟岐線共々、どのような姿になっているでしょうか。良い方向に変わって欲しい。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 橫浜市営地下鉄ブルーラインは昨日10時に全線の運行を再開したが、昨日は事故車両を一時的に湘南台駅に留置させたため、夕方ラッシュ時は湘南台行と踊場折返しを交互に運行する形態になっていました。今日は通常ダイヤに戻り、快速も運行されています。前にも書いたが、鉄道では時々、夜間工事が関係する大小様々なトラブルが起こるので、一度鉄道等の全事業者が、作業内容等の見直しを行うべきでしょう。
 新潟県が、三井物産や新潟交通、ジェイアール東日本企画などと組んで燃料電池バスを製造するプロジェクトを立ち上げ、昨日初会合が行われました。まずは30人乗りの小型バス(イメージイラストはポンチョだが)を今年度中に設計するとしています。既存バスメーカー以外が製造を目指すのも注目だが、JR東日本が水素を使用した燃料電池車両を南武(浜川崎~尻手~武蔵中原)・鶴見線で実証試験するとも表明しており、実用化できれば、当然ローカル路線への展開が行われる事になるでしょう。都会だけでなく、ローカル鉄道・バスにおいても、動力源=ディーゼルエンジン、という時代は、そろそろ終わりが見えてきているのか。

《今日のニュースから》
 9日 那覇空港ターミナルビル停電 欠航・大幅遅延発生
10日 消費税約3000万円脱税 アニメ製作会社 国税局が告発
11日 コンタクトレンズ大手3社 不当広告制限疑い 公正取引委員会立ち入り検査