№1774 恵まれた!岡山・高知・松山の旅 2.アンパンマンな一日

画像


 2日目。素晴らしい快晴になってくれました。午前中は高知市内でとさでんの電車やバスを撮影、午後は土佐山田に移動して、JR四国バスの「アンパンマンバス」を撮ります。

11月 6日(月)

 
画像

 朝食もそこそこに、高知に来た時、朝方にはたいてい訪れる潮江橋でとさでん交通の電車・バスを撮ります。ちょうど6年前も来ました。
 とさでん交通新カラーの200形。でも、非冷房なんだよなあ。

画像

 ANAの広告車。なのだけれど、ロゴマーク以外、宣伝文句が何一つ書かれていない…。
 電車の印象については、次回以降書きます。 

画像

 続いて高知橋へ移動して、電車とバスを撮ります。かなり撮ったけれど、その中からとさでん交通発足後に導入されたレインボーⅡをご覧頂きます。バスについては、この後の更新で順次ご覧頂く事にします。新車だけでなく、在来車両も新色になった車両が見られました。貸切のユニバースを撮り損ねた(手前を被せられた)のが残念。

 昼前、土佐山田へ移動して、JRバスを撮りに行きます。

画像

 高知駅。

画像

 驚いた事に、土佐山田行4234Dはごめん・なはり線9640-8だった。土佐山田への間合い運用があるとは知らなくて、思わず運転士に「これ、土佐山田行ですよね?」と確認したほどでした。

画像

 山岳路線の印象が強い土讃線だが、土佐山田までは比較的平坦で、直線も長い。枕木もPCで、高速特急が行き交うだけあって、キレイに整備されている印象。

画像

 土佐山田駅。こぢんまり。前日〔南風17号〕で停車した時はいなかった駅員が、この時間は配置されていました(7:00~17:40の配置)。ただし、切符は運転士に渡して降りる。

画像

 くず物入れもアンパンマン(高知駅もそうだった)。

画像

〔南風5号〕。基本の3連。

画像

 駅前のJR四国バス大栃線乗り場。アンパンマンの装飾。バスもアンパンマン。今は全車、新車導入の「アンパンマンバス」になりました。左の「アンパンマン」のバスに乗ります(右は「メロンパンナ」)。さすが、家族連れが多かったです。

画像

 30分弱で、アンパンマンミュージアムバス停に着きました。ごく普通の、公道上にあるバス停。ミュージアム自体は離れた場所にあって、そこまで乗り入れてもとは思ったが、バスが回転できるスペースがなさそう。
 この路線は、高知のICカード「ですか」でも乗れます。

画像

 一つ手前の、美良布「駅」。無論現在は駅員などいない、ただの待合室。この画像では解らないだろうが、正面の「美良布駅」の文字の上に、「国鉄バス」の文字の跡が残っていました。大栃駅行は回り込みで入ってくるが、現在はここを起終点とする便はない。かつてはここからも支線があったようだが、現在は代わって、香美市市営バスの路線が入ってくるよう。

画像

 マンホールもまた、アンパンマンなのだなあ。

画像

 大栃から来た、337-3910号車。「ばいきんまん」。今思えば、「ばいきん」を児童文学のアイドルに据えるとは、素晴らしくすごい発想だなあ!やなせ先生の発想力に脱帽。

 この後しばらくテクテク大栃の方まで歩いて、下杉田(しもすいた)で、大栃から下ってきた、先の「アンパンマン」のバスを、背後の山とからめて撮影。これもいずれ本体でご覧頂きます。
 この日、大栃線では「アンパンマン」「ばいきんまん」「メロンパンナ」の3台が営業に入っていました。また、「ロールパンナ」が、教習なのか「JR四国バス」の幕で走っているのを見ました。5台配置で最大3台営業運用。従って「ドキンちゃん」だけ、最初から見なかった(鶴さん、ゴメンナサイ)。いずれ全部撮りきりたいが、いつになるやら。

画像

 土佐山田16時12分発、高知経由窪川行749D。単行だが、車掌が乗務していた。土佐一宮から、学生が大挙して乗車してきた。このためでしょうか。

画像

 JR四国の駅名標。

 JR四国はJRでは唯一、自社営業の全駅でナンバリングがあります(西日本管理の児島は除く)。路線名・地名または愛称名からアルファベット1文字+数字2桁。予讃線と土讃線は松山・高知で分割されています。

予讃線:高松~松山 … Y (Yosan)
予讃線:松山~宇和島(内子線回り) … U (Uchiko)
予讃線:向原~伊予大洲(下灘経由) … S (Shimonada)
土讃線:多度津~高知 … D (Dosan)
土讃線:高知~窪川 … K (Kochi)
牟岐線 … M (Mugi)
徳島線 … B (Yoshinogawa Blue Line)
鳴門線 … N (Naruto)
予土線 … G (Shimanto Green Line)
高徳線 … T (akamatsu okushima)
 数字は県庁所在地4駅(高松・松山・高知・徳島)基準で、00から始まって昇順(高徳線は徳島→高松)。Dは多度津のD12から、Sは向原のS06から、予土線は若井のG27から、鳴門線は池谷のN04から始まる。路線が分岐・重複する駅は、両方とも付与される(松山もY55とU00、高知もD45とK00と両方付与。徳島線のみ、徳島は付与されない)。
 阿佐海岸鉄道と土佐くろしお鉄道も付与。ごめん・なはり線(GN)は後免のD40から逆算し、奈半利のGN21から昇順。中村・宿毛線(TK)と阿佐海岸鉄道(AK)はJRからの連番。


画像

 土佐一宮で学生が乗り込んでくる間に、〔南風13号〕宿毛行の通過待ち。
 しかし、高知に着くと、〔南風13.号〕は10分停車中、こちらの到着を待っていたのでした。

 昨日・今日と良い天気だったが、ホテルの部屋で見た天気予報では、高知は午後から天気が悪化するとの事。午前中くらいは持ってほしい。予報通りなら、土佐市「ドラゴンバス」を撮りに、伊野へ行く予定。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 JR九州が、福岡~釜山航路の新高速船の建造にむけて、オーストラリアの造船会社との覚え書きを締結したと発表しました。座席数が現在のビートルの倍以上の三胴船、水戸岡デザインとなり、2020年就航を目指すとの事。具体的なスペックは記されていない。これから詰めるのだろうが、外観だけ見たら、ビートル並のスピードが出せるものなのでしょうかね?船の事はよく解らないので何とも言えないが。

《今日のニュースから》
 8日 西武 菊池雄星投手 2億4000万円で契約更改
 9日 栃木県「おもちゃ団地」 チャリティーバザール開催