№1275 14年ぶりの台湾 乗り物堪能旅行 1.キティちゃんは女の子

画像

 先月9日~13日の台湾旅行について、今回から9回に分けて書きます。
 台湾は14年前、2000(H12)年3月訪れて、先月その旅行について書いたが、あの時は3日間と短く、台北近郊に限られていました。
 今回は5日間と余裕を持たせ、南部の高雄にも足を延ばしました。もちろん今回も乗り物中心主義、台湾新幹線(高鐵)と高速バスの乗り比べもやってみました。
 14年前にも乗車した、台湾鐵道の平渓線にも乗りました。去年から江ノ電との提携を開始、日本人にもかなり馴染みとなったと思います。あの頃と比較して何が変わり、何が変わっていないでしょうか。
 この他、松山空港での旅客機撮影や、高雄・台北のMRTの乗車もメニューに加えています。

 今回、台北までは羽田からのエバー航空(BR)を利用しました。ANAのマイル利用で、ANAならマイル数も少なく済み、台北到着も早くなります。BR便の羽田出発が意外に遅い(10時45分)し。ただ、例によってできるだけ多くの航空会社を利用してみたいという事もあったし、加えて羽田からのエバー便はあの「キティジェット」なので、より乗ってみたいという希望がありました。
 しかし帰国は羽田便が皆早々に満席となっていて、桃園空港からの成田行ANA便となりました。

11月 9日(日)

 出だしの羽田は、残念ながら雨模様。割と本降りになりました。

画像

 羽田の出発ロビーは「羽田 Sky illumination」を実施中。LEDの装飾が美しい。

画像

 BRのカウンターの入り口。さっそくキティちゃんがお出迎え。

画像

 BR便は事前の座席指定ができなかったので、8時前には羽田に着いて、並んで待っていました。8時15分開始。ほぼ一番乗りにも関わらず、残念ながら窓際の席はほとんどなくなっていて、主翼の窓の横という33Kしかありませんでした。止む無し。

画像

 搭乗券がさっそくキティちゃん。

画像

 先に、日本円を台湾ドル(TWD)に両替しておきます。5,000円を渡したら1,100TWD(+314円バック)を渡された。1TWD≒4.25円か。現地に行ってからの方がレートは良いはずだが、台北の空港で入国審査に時間を相当要する事が予想されたので。
(14年前の桃園空港でもそうだった)
 両替もさることながら、隣の「モバイルセンター」の行列もまた長い。海外に行ってまでケータイ?スマホ?

画像

 ゲートに向かう途中の免税品店街。

画像

 政府専用機の日の丸が見えるのが解るでしょうか。ちょっと小さ過ぎて、解りづらいかも知れないけれど…。
(この日、安倍首相がAPEC参加のため北京に出発)

画像

 この3月から運用を開始した、国際線ターミナル北側のフィンガー。こんなに早く利用する機会が生まれるとは。

画像

 148番ゲートは、フィンガーの一番西。出国審査から、やや速足気味に5分程度。
 ちょうどBR機“ハローキティジェット LOVES APPLES”がトーイングされる所。

画像

 なので国際線ターミナル前の駐車場に待機する空港バス群や、その向こうのモノレールを見る事も出来ます。

画像

 ターミナル内には何か所かWi-Fiコーナーがあります。無料だが、ユーザーエントリーをする必要があります。台湾の天気をチェック。台北も今日~明日は雨らしい。明後日は快晴となっていたが、期待して良いのか?

画像

 キティちゃん。実はネコではなく、擬人化された女の子なんだとサンリオ自らが公表した事は、全世界で話題になりました。可愛ければ、どちらでもいいよね、ネコでも、人間でも。

画像

 30分前に搭乗開始。搭乗券に記された「ZONE」の番号順で、自分は一番最後。

画像

 ガラス張りのボーディングブリッジから、キティちゃんを記念撮影。

画像

 パーソナルTVでも、さっそくキティちゃんがお出迎え。

画像

 ピローもキティちゃん。

画像

 ヘッドレストカバーもキティちゃん。図柄からすると、季節毎にデザインが変わるのかも知れない。

画像

 非常デモビデオはさすがにキティジェットではなかった。CGアニメ自体は面白いが、脱出スライドのシーンはヘン。
 ところで出発時、「電子・電気機器の電源をお切りください」とアナウンスがあった。BRは電子・電気機器仕様のルールが変わっていないのか?迂闊だった。「写ルンです」を持ってきていないから、離着陸時の写真が撮れない。33Kはもろに主翼の真横だから、複雑な心境ではあるが。

画像

 なので離陸後、右手の翼越しに見えた横浜。ベルトサインは早めに消えていました。

画像

 キャビン。

画像

 WCのコスメティックもキティちゃん。

画像

 機内サービス実施中。CAのエプロンもキティちゃん。

画像

 機内食は二者択一だったが、「牛肉」と言ったらスキヤキ風の和食だった。高野豆腐にも、ババロアに添えられたビスケットにもキティちゃん。プラのナイフ・フォーク・スプーンもキティちゃん。

画像

 全体的に、天候は良くなかったです。晴れなら左手には四国が見えるはずなのだが。

画像

 フライトデータの機体は、キティジェットではなかった。対地速度が700㎞/h前後。遅い。高度は12,192m(40,000フィート)を維持。

画像

 BRは、機内食の後にオツマミがサービスされるのか。もちろんキティちゃん。

画像

 エンタメシステムのプログラムの、ハローキティのアニメ。日本で製作された日本語版(キティのCVは林原めぐみ)に、中国語の字幕が付くスタイル。「きちんとあいさつをしましょうね」とか、やんわりだけれど道徳的な意味が濃かったのではないでしょうか。子供向けなので。

画像

 申し訳ない、いきなり台北松山空港になります。14年前に撮影でR/Wエンドに行った事は先月書いたが、乗客として降りるのは初めて。やはり雨か…。
 JALのB767-300と、ティーウェイ航空(韓国)のB737-800の間に到着。台湾の外の航空会社、特にオールニッポン(B787-8)とジャパンエアがいるっていうのが、14年前と全く違う所。

画像

 ターミナル日本語の表示が目立ち、「エスカレーターでは手すりにおつかまり下さい」のアナウンスもありました。
 入国は思ったより早かった(国際線は少ないからか)が、荷物受取が例によってスーツケースの品評会。ようやく出てきた、と思ったら、他のお客さんはあっという間にいなくなってしまった。

画像

 ターミナルは古びていたが、トイレはキレイだった。到着ロビーの観光案内所に用意されていたMRT路線図には、日本語版も用意されていました。ターミナル前の地下駅に発着する文湖線で、中心部の高速バスターミナルに移動します。

画像

 最後に、せっかくのハローキティジェットだったので、機内販売で立体ジグゾーパズル(490TWD≒1,890円)を購入し、帰国後組み立ててみました。いかがでしょうか。

 ハローキティジェットは現在、A330-300が3機(“LOVES APPLES”“WITH MAGIC STARS”“AROUND THE WORLD”、A330-200が2機(“SPEED PUFF”“HAPPY MUSIC”)、そして10月26日からB777-300ERも1機がハローキティジェット(“WITH SANRIO FAMILY”)になり、パリ線で週3日運航されています。
 A330-300は台北(松山)~東京(羽田)・上海(虹橋)と台北(桃園)~福岡・ソウル(仁川)で飛んでいるが、適宜入換えが行われているようで、今回搭乗した“LOVES APPLES”は、今日現在では福岡・ソウル線で飛んでいます。
 ハローキティジェットって、思った以上に他機(と言ってもBRは過去に乗った事がないが)と差別化されていると感じました。好きな人なら十分堪能できるでしょう。ただ、ビジネスマンには照れくさく感じられるかも。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

 日本海側もさることながら、徳島県の雪害はハンパではなさそうです。山沿いの地域とは言え、四国で雪害は珍しいのではないでしょうか?

 いよいよ北海道新幹線の試験走行が始まりました。再来年の開業に向けて、準備も本格化しつつあります。最高速度は270㎞/hだが、青函トンネルの在来線供用区間は当面140㎞/hとするそうで、となると東京~新函館北斗は、開業当初は4時間は切れないかも?

《今日のニュースから》
帰宅困難者の誘導訓練 東京・三鷹で実施

「3.11」を思い出します。あの時は首都圏でも電車が全部止まり、特にJRは翌朝まで運休になったため、私鉄のターミナルが大混乱になったのを、夜勤の最中に目の当たりにしたものです。運転再開した路線は、電車も都営バスも終夜運転を行っていたが、「『帰宅難民』って、やっぱりいるものだなあ」とか、他人事のように思ったものでした。申し訳ない。

№1274 バスマガジンvol.68(講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジン」vol68が先月末に発売になりました。
 立川バスの「リラックマバス」1号車が表紙。 

◆ 賢いバスウォッチング
 広島と札幌で、それぞれ市内のバス路線の概要と利用法、撮影のガイド。
 札幌は市営バスがなくなってちょうど10年になってしまったけれど、両市とも一般の路線も高速バスもバラエティが多彩だから、飽きる事がないです。個人的にはしばらくご無沙汰なのは残念なのだが。
 どちらもICカードがスタートしているが、札幌のSAPICAは全国相互利用のカードを受け入れているが(逆は不可)、広島は今の所はJR西日本のICOCAだけで、他地域は受け入れがないのが残念。ただ、以前も書いたけれど、銀行のATMでチャージができるのは、他地域にも参考になる施策ではないでしょうか。
 札幌は、事業者で言うと、夕張鉄道とばんけい観光ももう少し詳しく記されても良かった。夕張鉄道は歴史がある事業者だし、どちらもSAPICAの導入はないものの、市営地下鉄との乗り継ぎ割引があって、札幌の市内交通の一翼を担っているのだから。中心部に乗り入れがないからだろうけれど。
 札幌の撮影ポイントは私も立った事があるが、夏の午後が、特にAのルートで入ってくる車両の撮影に適していると思う。
(同時進入の車両や、横断歩道の歩行者が被る可能性があるのは覚悟、だが)
 車両面では広島・札幌の各社共、プロパーの新車と中古車を並行して導入しているのが共通点でしょうか。説明書きが簡潔ながら詳しいが、中古車の出所がよく解るものだと思いました。 

◆ 小松島市運輸部完全ガイド

画像
画像

 小松島市営バスは四半世紀前、昭和から平成に変わった直後、1989(H元)年2月の四国旅行で乗った事があり、小松島で撮影もしました。改装はされているものの、運輸部の建物自体は変わっていません。
 徳島市の他、テキストでは記されていないが、目佐和田島線は一部阿南市を経由しています。ただし阿南市内にはバス停はなく、市の外れに位置する大林・目佐地域の利便性を確保するための設定かと思われます。
 今回公式Web上で時刻表を見直してみたのだが、どの系統も本数がかなり少なく、5路線で22往復+片道3便しかありません。去年廃止になった鳴門市営バスは3路線ながら34往復あったから、便数的にはより小規模です。徳島~小松島は2路線合わせても15往復のみ。25年前はもっと頻発していた記憶があるのだが。
 車両面では、25年前でも乗合は18台(+貸切10台)だったそうだから元々大規模ではなかった。比較的最近まで新車が導入されていて、何とか公営で維持していきたかったという意思もうかがえました。
 歴史的にはわずかな期間ながら、海部観光バスの受託をしていたのが注目。民営バスが公営の受託をするケースは全国的に少なくないが、その逆はどの程度あるものだったのだろう?路線バスでは、民営バスへの配慮で再編するケースはあったが、路線ごと民営バスに譲渡する事は、これまではなかったようです。
 小松島市は市の規模そのものも小さいし、無論他地域の公営バスと同様の問題もあろうが、加えて国鉄小松島線の廃止、明石海峡大橋の開通と南海フェリーの徳島港移転も打撃になったのではないでしょうか。この規模だと、独立した公営を維持するのは難しそうです。
 となると、去年鳴門市に行ったばかりだが、来年あたり小松島も行かなければならないかなあ。ただ、来年は熊本市営バスも同日廃止になるし、日程の調整が難しくなりそう…。

◆ おじゃまします バス会社潜入レポート vol.68 立川バス

画像

 小田急グループとは言え、西武バスや京王バスのグループに囲まれているので(小田急バスと、一般路線ではつながっていない)、個人的には正直やや地味な印象があるのだけれど、立川市は最近は、八王子市を上回る位の勢いがあるらしいので、合わせて成長を遂げている、という所でしょうか。
「立川」と特定の都市の名前がついている割には、「コンパクトな」とは言っているものの、小金井市から瑞穂町まで、割と広めの路線網があるのではないでしょうか。
 成田空港線が苦戦、か。立川~成田空港3,600円。JRで立川~東京が640円、低運賃空港バスが1,000円だから倍以上になってしまうのは確かに痛いか(円安傾向で、旅先であまりお金を使えなくなっているし)。無理をしない(安全性を落とさない)程度の運賃の見直しは必要かも知れない。
 車両面では、昔は関東地方では珍しく前後ドア車が中心だったけれど(だから「地味な印象」を抱いてしまうのかも知れない)、最近は小田急バスに仕様が近づいてきたようです(特にエルガ)。
「リラックマバス」があまりにも有名になったけれど、ここでは間に合わなかったようだが、公式Webでは11月10日より「ウドラバス」なるラッピング車が走っているそうです。「ウドラ」とは立川市の公認「なりそこね」キャラクターだそうで、立川駅~若葉町団地間で運用されているそうです。
 横田基地の輸送は、去年終わっていたのか。

◆ 10月1日、とさでん交通が誕生
 土佐電気鐵道と高知県交通が統合した「とさでん交通」が10月1日スタート、ここではその経緯と、当面の取り組みを記しています。
 新塗装もあるが、白黒写真なのが残念。
 バスに関しては、まずは行先番号を導入、行く行くはICカードシステムで得られたデータを基にしつつ、路線網の抜本的再編成も行うそう。
 新マークは、実際には緑…土佐電、オレンジ…県交通のイメージカラーで、両者の融合を体現したもの、と言えるでしょう。新塗装車はまず電車1両、バス2両が走り出したが、今後どの位のペースで増えていくのか、趣味的に当面気になるのはその点かな。高速バス等はどのような色遣いになるのだろう。

◆ 路線バスで行く!アニメ聖地巡礼
 
画像

 ついにバス趣味誌にも聖地巡礼の波が…。
「ヤマノススメ」が選ばれたのは、池袋から1時間もかからずに行ける飯能が舞台である事、国際興業のラッピング車が走っている事があるのでしょう。
 このアニメは見た事がないから偉そうな事は言えないが、なるほどよくスケッチされているなと思う。こうなると、アニメ製作者へのインタビューとかあっても面白かったかも。簡潔でも、全体のストーリーが記されても良かったと思います。
 またバス趣味誌としては、別に旧塗装復刻のキュービックも走っているので、その辺も触れて頂ければ良かった。
 スーパーなどが名前を変えているにも関わらず、国際興業バスだけはそのままなのは面白い。メインのエリアからは離れ小島になっている飯能〔営〕路線は、一時は撤退も取りざたされていたよう。取りあえずは立ち消えとなったようだが、大半がローカル線だから苦しい事情は変わらないはずで、アニメが乗客増につながってくれればと感じました。

◆ 終点までのバス散歩
 おんたけ交通の高坪。御嶽山噴火の2日後だそう。
 おんたけ交通の自主運行路線は今やチャオスキーリゾート・濁河温泉への路線と新宿行高速バスのみ、後は町営バスの受託のみ。とはいえ写真を見ると大型車もあって、そんなに利用は少なくもないのかも知れない。終点の高坪も、平日5往復・土休日4往復なら、この手の路線としては少なくないと思うし。
 路線を道路地図と照らし合わせると、御嶽山はかなり遠く、降灰の害はあるとしても、一般の観光には何の問題もなさそうです。震災もそうだったが、「風評被害」とは、そういうものだとも思いますが…。
 どのみち付近は雪の季節になって観光のオフシーズンに入った訳だけれど、来年春になったら、観光客が戻ってきてくれるでしょうか。とりあえず、再び噴火災害が起きない事を願うのみ…。

 ところで、この「終点までのバス散歩」や「変わり種バス カタログ」、「バスマガ社会経済学」が「最終回」となりました。どれも始まって間もなく、「経済学」は前回始まったばかりだったのに。
 次号予告では「2015年、バスマガジンはパワーアップします」と高らかに謳っており、全国乗合バス100選などの募集は引き続き行われているのだが、どうも全面的に編集スタッフが入れ代わるようなのです。
 テキストを読んだ感触では、内部で何かあったのではないかと要らぬ勘繰りもしてしまうのだが、次号以降、どのような内容になるのだろうか。正直若干の不安もなくはないが、ともあれ来年以降も期待先行で発売を待ちたいと思います。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

《今日のニュースから》
米次世代宇宙船「オリオン」無人試験機 打ち上げ

№1273 日本の旅客機LEGEND(イカロス出版)

画像

 1951(S26)年の民間航空再開から今日に至るまでの63年間、日本の空を彩った旅客機を、貴重なカラー画像と共に一挙公開。
 最近退役したジャンボジェットやエアバスなどはもちろん、黎明期のレシプロ機に至るまで、ほとんどすべての画像がカラーというのには驚かされる。良く残っていたなと。
 基本的に10年スパンで総括され、B747クラシックから始まり、最近の退役機→過去の退役機の流れで、フリートそのものの解説と、日本における運用の形で紹介されています。
 全体的な歴史的流れとしては、小型レシプロ旅客機→B727やDC-8に代表されるジェット機第1世代→B747等の大型機の登場→双発化・ハイテク化、という事になるでしょうか。もちろんそれが全てではないが。
 息が長くベストセラーとして記憶されるフリートもあるし、一方でコンベア880やMD-11、A321-100のように10年程度で日本から消えてしまったフリートも様々あります。昨今の航空業界内外の情勢の変化はあまりに激しいから、当初のもくろみ通りにいかなかったケースも少なくない訳だが、結果はともかく(ビジネスは結果が全てではあろうが)、就航当初に込められた様々な人々の期待と想いは、無視してはいけないのではないか、そんな事をも感じさせる写真集です。
 あと、解説・キャプションにも興味深い点が多々あり、YS-11のセールスが不調だったのは、設計が日本国内向けに過ぎたからとか、ANAが導入を予定していたA340-300がベルリン路線開設を目論んで発注された(→キャンセル)とは、初めて知る話でした。

 二、三難点を挙げると、年代(特に退役時期)でテキストと画像のキャプションに食い違いがいくつか見られる事、比較的最近なのにある程度メジャーなカラーがなかったりする…もちろん、全部あげたらキリがなくなるが、YS-11のSWALオレンジカラーやJTAカラー位は見たかったかな…所。
 また、特にANAやJASは数多くの会社の合併で成り立っているので(ANAの2レターNHは日本ヘリコプターから)、変遷図を別に掲げておけば、より理解しやすくなったかもしれません。
 私は航空趣味に入ったのがまだ20年そこいらなので、旅客機は既にハイテク化が進んでいて、それでもYS-11は3回乗っているが、DC-10とトライスターがそれぞれ1回ずつしか乗った事がなかったのが、個人的にやや悔やまれる点でしょうか。羽田ではメジャーだったのに。
 ともあれ、日本の過去の旅客機を目一杯見たい、特に若いファンにはおススメの写真集です。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 仙山線の快速の停電は災難でした。場所が悪かったか。線路の入念な点検も求めらるが、万一停電で止まってしまった際の対策を考えておく事も必要か。

《今日のニュースから》
「はやぶさ2」搭載H2Aロケット 打ち上げ成功