№1207 マレーシア機 「新冷戦」の生贄なのか

画像

 アムステルダムからクアラルンプールに向かっていたマレーシア航空のB777-200が、ウクライナ東部で墜落し、乗客乗員300人近く全員が犠牲になった事は、全世界に衝撃を与えています。
 墜落そのものもさる事ながら、場所が場所な上に、原因が撃墜ではないかとされる事で、ウクライナ政府と、東部を支配する「親ロシア派」とされる武装勢力が、原因の究明を差し置いて早くも非難の応酬を始めています。

 №1180で少し書いたように、ウクライナは今年初めの前大統領が追放された途端、政情が急激に不安定になり、クリミア半島がロシアに併合された上、東部では武装勢力と政府軍が軍事衝突をたびたび起こし、ロシアとアメリカがそれぞれの背後にいるだろうとされる事で、「新冷戦」とまで言われるようになりました。
 不幸なのは、現状に於いて完全な「第三者」と呼べる存在がいない事。今後は関係各国の調査が待たれるが、この状況では、どのような組織が調査して、どのような結論が出されたとしても、事態が収束するとは到底思えません。

 書きたい事は他に一杯あるけれど、これだけは言っておきたい。
 旅客機であれ鉄道であれバスであれ船舶であれ、民間交通機関を狙い撃ちする卑劣な戦闘・テロ等は絶対許されない。
 そして、この事件そのもの、そしてその調査結果を政争の道具にして弄ぶ事も許されません。
 上も下も東も西も、人の話を聞こうとせず、相手をけなし、ののしり、あざ笑い、時には傷つける事で自己を美化しようとする連中が、昨今あまりにも多すぎる。
(日本もだ!)
 マレーシア機が、本当はこんな低レベルの争い事の犠牲になったとすれば、関係国だけでなく、全世界にとって何もかも不幸です。
 今後どんな展開になるか、シロートの私には何も解らないが、少なくとも、「新冷戦」の巻き添えの犠牲は、このマレーシア機が最後となり、底辺の人々にとってはつまらないだけの醜い争い事など、とっとと終わりになる事を、強く願います。
 犠牲になられた方々の冥福を祈ります。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

《今日のニュースから》
最年少の野球殿堂入り 野茂英雄氏ら表彰式

№1206 思い出の海外旅行クロニクル 11.1998年スペイン4

画像

 スペイン北部には国鉄RENFEとは別に、FEVE(Ferrocarriles de Vía Estrecha)と呼ばれる狭軌の鉄道ネットワークがあります。
 いくつか路線があるが、特にアストゥリアス州のオビエドと、ガリシア州のフェロルの間の海岸線を走る路線は距離が長く、なおかつ全線通しの列車は1日2往復しかありません。意識しないと乗る機会を作れない路線。どんな路線なのか、ヒホン・オビエド付近のRENFEの路線と共に訪ねてみました。

1998年11月17日(火)

 バルセロナからヒホンへ向かう夜行の続きです。

画像

 5時前のミランダ・デ・エブロ。濃い霧に包まれています。理由は解らないが、20分程の遅れで出発。霧の中に吸い込まれるよう。

画像

 7時を過ぎているのに、まだ夜が明けきらないパレンシア。サラマンカ行を切り離す作業中。寒いです。

画像

 カフェテリアで朝食。といってもクロワッサンと飲み物だけなのだけれど。

画像

 8時過ぎ。最後部のデッキの扉から後方を眺めていたら、地平線からぽっかりと朝日が顔を出しました。まるで大地が朝日を産んだよう。
 複線なのに、すれ違う列車が近郊列車1本だけ。

画像

 レオン駅。お客さんはここでかなり降りました。
 しかし、同室の女の子3人組がいまだに爆睡中。なので最後部車両のコンパートに引っ越します。居心地良くないよ。

画像

 山々が近づいてくる。ここまで150㎞/h位で走っていたのが、さすがにスピードが上がらなくなってきました。谷間の町は陽が当たるのがかなり遅い。時々、営業しているのかどうか解らない、寂れた駅を通過していきます。

画像

 急峻なカンタブリカ山脈に差し掛かり、スパイラル線が連続します。眼下のこれから通過する線路に、貨物列車が見えました。これは見どころ。

画像

 オビエドを経由し、11時前、ヒホン到着。若干の遅れでした。

画像

 このヒホン駅は長距離列車専用らしく、やや町外れ。中心部までは近郊電車で移動する事になります。

画像

 ヒホン・セルカネアス駅。FEVEと共同使用です。
 この付近は近郊電車の路線がいくつかあるので、乗り歩いてみました。

画像

 ビリャボナ・デ・アストゥリアス駅は2つの系統が分岐。しかし駅員無配置。ただし、スピーカーからかすかにBGMが流れてくる。

画像

 少し離れた場所から、近郊電車440系?を撮ってみました。牧歌的な雰囲気です。

画像

 サンファン・デ・ニエバ駅。ここは駅員がいるが、操車場みたいな駅。

画像

 やはり北部はアンダルシア等のようなカラカラ感はなくて、農村地帯は緑が豊かです。

画像

 オビエド駅。コンコースに新駅舎の模型がありました。この画像の駅舎は残しつつ、ホーム全体に人工地盤をかけて道路と公園にした上、北側には高層ビルも建設するそうです。

画像

 エル・エントレゴ駅。美しいデザインだし、スペインはシンボルマークの使い方がうまいと思う。

画像

 駅舎内のカフェ。

画像

 ここが当時のFEVEの駅、オビエド・ヨベラノス。町外れ、という感じでしたか。プレハブのような小屋の駅舎があります。明日はここからフェロル行に乗る事になります。
 この駅は、どうやらこの後RENFEの駅と統合、という形で移転したらしい。この間の情報がないので良く解らないが。
 この駅の近くのホテルに投宿。部屋のTVをつけたら、リャネスという所(オビエドの東の、ビスケー湾沿いの町)で大きなバスの事故があって、多数の死者が出たらしい。もちろんスペイン語だけだから詳細は不明だが、画像に映っていた遺留品から見て、乗客の大半は学生だったのではないか?

********************

1998年11月18日(水)

画像

 FEVEの時刻表。実際には短区間の列車がもう少し頻発しているが、ナビア・リバデオを挟む区間は、この時刻表の通りの本数しかありません。
 フェロルまで2,470ESP(≒2,120円)。レシートのような乗車券を渡されました。

画像

 7時過ぎというのに暗い…。しかも霧がかかっています。それでも、列車が到着すると通勤通学客がぞろぞろ降りてきました。
 定刻を少し回って出発します。約7時間の長旅。

画像

 しばらくは霧のために全く見通しがなかったが、1時間位走ったプラヴィアあたりでようやく霧が少なくなってきました。青空だ。
 クディレロまでは電化されていました。ここを過ぎると、いよいよビスケー湾・コスタベルテの海が見えてくるようになります。しかしすぐに別れたりして、つかず離れずの感じ。

画像

 ソト・デ・ルイニャ駅。ホームが濡れている。前夜はやはり雨だったのか?

画像

 ノベリャニャ駅も堂々とした駅舎が建つが、駅員がいなくて、レールが1線はがされて棒線化されていました。RENFEでも見かけたが、駅舎側をはがすのは日本とは逆です。

画像

 サンタマリナ駅。谷間の停留所然とした駅。付近に民家など全く見えないが、おばあちゃんが乗ってきたし、待合小屋には落書きもあったから、それなりに乗降はあるのか。
 海は時々見え隠れするものの、波打ち際を延々走るというシーンは現れない。思ったより内陸を走る区間が多く、トンネルが連続する。スピードはやはり出ません。

画像

 カタヴェド駅は久々の集落の中の駅だが、駅員無配置。それでも乗車がそれなりにありました。

画像

 時々アーチ橋を渡ります。日本のローカル線のような雰囲気がする。

画像

 オビエドから2時間半のルアルカは、久々の大きな集落で、駅もソト・デ・ルイニャ駅以来久しぶりに駅員の姿がありました。入り江に面したこの町の民家は、白壁が目立つ。アンダルシアとは全く趣きが違うが。

画像

 ビジャペドレ駅も、そんな感じの駅舎でした。駅員はいないが。

画像

 ナビア駅。オビエドからの最終列車の終着駅なのだが、駅舎は質素だ。

画像

 しかし海に面した町は大きく、港もあります。明るい。

 ナビア~リバデオは、2往復しかありません。乗客は2両合計で、私を含めて9人だけ。

画像

 草原と海。

画像

 タピア・デ・カサリエゴ駅。

画像

 ナビアから約1時間でリバデオ。ここからはフェロルへの区間運転が1本あります。
 ここで、オビエド行と交換。向こうもDC2連で、乗客はやはりわずかという感じ。こちらの停車時間は短く、飲み物を買う間もなかった…。

画像

 ようやく海のすぐそばを走るようになります。直線が長い。木々が少なくて、どこか荒涼とした感じもありました。潮の香りがします。
 バスターミナルを兼ねたブレーラ駅で4分停車、飲み物で一息。

画像

 ビベイロ駅でも一息。駅にはカフェバーがあります。ヨソの国の遠い過去の話だからあえて書いちゃうけれど、乗務員がカフェバーで、なんとワインを飲んでいました。オイオイ…。私もクロワッサンとジュースで一息。

画像

 ここで、このDC列車の車内。幅が狭いから2-1配置だが、この列車でも転換クロスシートが使われています。
 乗客は私以外は同じオビエドから乗っている若者と、ブラビアからの夫婦、合計4人だけ。しかし乗務員は3人も乗っています。

画像

 この駅には、貨物列車のDLがいました。こちらの出発を待ってフェロルに向かうようです。

画像

 ビベイロの集落。

画像

 ラストスパート。海岸から離れて、森や農村地帯の中を行く。列車の本数が多くなってきたようで、区間運転のDC列車と交換。なるほど、沿線の民家が多くなってきました。ごく普通のローカル線風情。
 RENFEのレールが左手に現れる頃には、高層ビルがいくつも並んでいます。

画像

 ついにフェロルに着きました!かなり近代的なドームの駅。他に同型の編成が並ぶのが、列車本数のそれなりの多さを表しているようです。

 この路線は現在、観光客向けの豪華列車も運行されているようだが、ローカル普通列車でのんびり行くのも良いかと思います。中間部は本数が極めて少ないから、途中下車するなら、覚悟と綿密なプランニングが必要だが。

画像

 RENFEのフェロル駅。

画像

 ア・コルーニャまで、「ガリシア急行」と称するDC列車に乗ります。クエンカ行と同じタイプ。

画像

 1時間半でア・コルーニャ到着。

画像

 サンアントン城。
 この城のそばの道路には線路が敷かれ、架線柱も並んでいました。観光用の路面電車が走っているようだが、見る機会はありませんでした。

画像

 最後に、ア・コルーニャ駅。

 市中のホテルに投宿、カフェテリアでサッカーの試合を中継していました。イタリアvsスペイン。親善試合?2対2の引き分け。ハーフタイムのニュースは、リャネスのバスの事故の続報でした。

 明日はまた、マドリードに戻ります。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 モスクワの地下鉄で大規模な脱線事故が発生してしまいました。詳細は解らないけれど、TV画像を見る限りでは、必要以上に車体の破壊が酷いように感じました。強度に問題はなかったのか?

《今日のニュースから》
「脱法ドラッグ」販売店 東京都が緊急立ち入り調査

№1205 思い出の海外旅行クロニクル 11.1998年スペイン3

画像

 スペインには他の国と組み合わせた周遊の行程の中で、過去に3度足を踏み入れているが、高速鉄道AVEには乗る機会がありませんでした。
 今回はいよいよ初乗車、しかも1等「プレファンテ」をおごっています。どんな旅になるのやら、期待大。

1998年11月15日(日)

 コルドバにもAVEは停車するが、セビリアから乗りたいから、在来線で戻ります。

画像

 コルドバ駅。AVE開通に合わせて整備されたようで、大規模です。

画像

 市内バスターミナルも併設。

画像

 コンコース。他の駅もそうなのだけれど、この駅もコンコースには軽くBGMが流されています。

画像

 所々、くたびれた?感じのおじさん?のモニュメント?があちらこちらに見られます。どんな意味?

画像

 ホームは、左側の1~4番線が高速新線、5~8番線が在来線。中央部の4番線と5番線で軌間が異なるのが解るでしょうか?
(在来線は1,668㎜の広軌に対し、高速新線は1,435㎜の標準軌)

画像

「アンダルシア急行」で出発。すぐに右手の丘の上に、古城が現れます。AVEと組み合わせた撮影の名所。
 在来線には駅があるようだが、停まる列車はないみたい。廃止?

画像

 白と青のコントラストがカラフルなペニャフロール駅。

画像

 ロラ・デル・リオ駅で途中下車してみました。コルドバ~セビリアは高速新線と在来線がほとんど並行していて、前日乗ってみた感触では、新線に近づいてAVEを撮影できるかも知れない、と考えたので。
 マークが記されている如く、ここからはセビリア近郊区間、という感じで、本数も大幅に増えて移動もしやすくなるし。

画像

 スクエアな建築、白の壁と黒の格子、テラスがいかにもアンダルシアな民家が並ぶロラ・デル・リオの集落。近郊電車が通過して行きます。
 土地勘なんて全くないけれど、それでも15分程で高速新線の袂に着きました。うまい具合に線路を見下ろす感じで、フェンスもクリアできそう。
 時刻表で目安はつけてあるのだが、正確な通過時刻など解るはずもなく、ひたすら動かずじっと待つのみ。やがて、遠くからヴォーンと音が聞こえてきました。

画像

 セビリアへ向かうAVE。
 この後、セビリアからマドリードに向かうAVEも撮って見たのだけれど、帰国してから現像したらシャッターが早すぎました。当然ながら高速で通過するので、タイミングはすごく難しい。それに日本の新幹線ほど本数が多い訳ではなく、ましてこの日は日曜日だから運休の列車もあって、シャッターチャンスは極めて少ないです。この短時間ではこれが精一杯でした。
 このポイントだと、セビリア側・コルドバ側とも、発車から20分前後で通過するようでした。

画像

 在来線のこの区間を走る電車。「アンダルシア急行」。470系?

画像

 その車内は転換クロスシート。

画像

 近郊電車も、色は違えど車体は「アンダルシア急行」と同じだと思うが、こちらは440系?

画像

 こちらはプラスチックの2-3配置でシートが並ぶ。日本だったらすごく文句が出るに違いないアコモデーション。
 ジングルベルが流れていました。クリスマスはまだ1ヶ月以上先なのに。

画像

 改めて、セビリア・サンタフスタ駅。大きいです。駅前のたたずまいは、駅というより空港を連想させました。

画像

 コンコース。やはり広い。

画像

 ホーム。この駅での本格的な列車の撮影は難しいと思う。全体が巨大なドームで覆われているし、カディス側はすぐに地下線に入る。

 いよいよAVE乗車。

画像

 AVEの指定券。プレファンテ!

画像

 15時ちょうど発、AVE31列車が出発する3番線。ホームに入るには、指定券を見せて(右側をもぎ取られる)、手荷物の検査を受けなければならない。これも旅客機みたいだけれど、こんな所までマネはしないで欲しいと思った。スペインは時々テロがあるので(実際この6年後、マドリードで大規模な爆弾テロが起きてしまう)、厳重な警戒を必要とするのだろうが。

画像

 プレファンテの車内。2-1配置のシートは適当に方向が変えられている。乗客が変える事は出来ない。ゆったりとしてはいるが、シートピッチと窓の柱の間隔が一致しておらず、指定された7Aはすぐ真横が柱になっていてイマイチ。イヤホンは最初から箱に紙箱に収められてポケットに入っていました。

 ぴったり定刻に発車。

画像

 すぐにドリンク(ワインかオレンジジュース)とオツマミ、その後に新聞と車内販売のリストが配られて、いよいよ旅客機みたい。スペイン語が読めるはずもないが、新聞をもらっておく。なんとJリーグの結果も簡単ながら掲載されていて、鹿島アントラーズが2ndステージ(当時のJリーグは2ステージ制)優勝と書いてあったようでした。
 先のロラ・デル・リオは発車後17分で通過。コルドバまでは37分。

画像

 コルドバを発車すると、食事のメニューのカードが配られた。スペイン語でしか書かれていないからチンプンカンプン、ではあるが。

画像

 その食事。パスタでした。美味。

画像

 2等客向けにはバーコーナーもあります。コーヒー175ESP(≒150円)と割安。

画像

 コルドバを過ぎると、沿線の雰囲気は明らかにアンダルシア地方とは異なる。木々も多くなり、民家もオレンジの屋根が目立つようになってきました。

画像

 平原もアンダルシアとは違う。

画像

 山間部も、アンダルシアよりは木々が目立つようになりました。
 コルドバからはノンストップになり、中間駅のプレトリアーノ、シウダーレアルは通過。時々在来線の跡と思われるアーチ橋などが見られました。ひょっとしたら高速新線も、在来線を改造した所があったかも知れません。

画像

 アトーチャ到着。なんと7分も早く着きました。あっという間の2時間18分でした。
 ホームの検査はちょっとご勘弁だけど、サービスレベルはさすがに素晴らしいと感じました。

 この日は郊外のYHに宿泊。部屋がうすら寒くって、貸切に近かったから他のベッドの毛布を5枚も被ったが、サイズが小さくて足元が冷えました。

********************

1998年11月16日(月)

 タルゴでバルセロナに戻ります。マドリード~バルセロナは今回の旅も含めて過去4度乗っているが、昼のタルゴで乗り通すのは初めてです。

画像

 YH最寄りの地下鉄ラゴ駅。地上駅で、駅舎がユニークです。

画像

 バルセロナ行タルゴ374列車。

画像

 タルゴのロゴマークは、最近変わったみたい。

画像

 2等はツーリスタと呼称するようです。その車内。ごく普通の仕様ですかね。

画像

 遠くに山が見えます。秋の気配を感じます。

画像

 山間部。

画像

 カフェテリア。昼間は食事も出ます。プレファンテにはシートサービスもあるらしい。シートサービスも良いが、自分で食べに行くのも、やっぱり楽しい。

画像

 チキンとソーセージ、サラダのセット。

画像

 カウンター式なので、外の景色を見ながら食べるのは少し難しいかも。それでも、窓の外にはバラエティある風景が流れて行きます。お菓子類が並んでいます。
 複線と単線が混在する山間部を抜け、グアダラハラ・サラゴサと突然と思える大都会を過ぎて行きます。

画像

 タラゴナで地中海に出ました。やがて、水平線に夕陽が沈んでいきます。

画像

 この列車は、バルセロナはサンツ経由でグラシア駅が終着。珍しく?心持ち遅れて到着。あまり長距離列車の終着駅の風情ではない。サンツで既に回送状態になっていて、グラシアは1分程の停車で、すぐに回送で出て行きました。

 この後、サラゴサまでは逆行する形になるが、ヒホン行の夜行に乗ります。ただ、予定していたクシェットは満席で、2等座席車を利用する事となりました。この列車でも、1等座席車を2等として運用していました。在来客車を使用した夜行は皆そうなのかも知れない。

画像

 ヒホン行はサンツ駅始発。客車13両(1両回送)と長いが、うちヒホン行は4両、後はビルバオ・サラマンカ・アンダイヨと、北部の主要都市行が連結されています。昔の日本の夜行急行も、こんな感じだったのでしょうかねぇ。

画像

 カフェテリアはヒホン行に連結。やはりメニューはこれまでと同じ。ボカディーリョとコーラで夜食にして、部屋に戻りました。若い女の子3人組と同じなので少々居心地が悪いのだが…。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 W杯はドイツ優勝で幕を閉じました。次は2018(H30)年のロシア。3大会連続でBRICSでの開催となるが、政治問題が影を落とさないといいけれど…。ブラジルの方は2年後にリオで五輪があるが、今回のW杯が最後まで反対運動の影を引きずった感があったし、こちらも若干不安…。

《今日のニュースから》
USJ新施設「ウィザーティング・ワールド・オブ・ハリーポッター」 報道関係者らに公開