№463 バスジャパン・ハンドブックシリーズR73 神戸市交通局

 東日本大震災から2ヶ月経った今もなかなか復興の道が見えない日本ですが、一方スペインの南部でも(日本時間で)今朝地震があり、死者も出ているようです。
 今年はニュージーランドに始まり、東日本、タイ・ミャンマー国境、そしてスペインと、世界は大地震が頻発しています。
 一方で中国・四川省の大地震から今日で3年になり、復興が進む様子がTVでも伝えられていました。
 二次災害はともかく地震そのものは誰にも止める事は出来ず、地球に住む限り、地震との戦いは人類永遠の課題なのでしょう。

画像

「バスジャパン・ハンドブックシリーズR」第23弾は、16年前の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けている神戸市交通局となりました。
 ハンドブックシリーズとしては初めて取り上げられますが、前身の「バスジャパン」№7の「BUS BODY WATCHING」で神戸市営バスが取り上げられていました。
 この時は車庫内での撮影が認められず、苦しい取材になったと、後に伝えられています。
(それは一部の車両の写真のアングルからも垣間見えました)
 今回は充分な協力が得られたようで、全車種が余す事なく紹介されています。
 それにしても、前号・富士急行が2010年12月1日現在で、今回が今年2月1日現在らしいですから、随分矢継ぎ早だなあという気がします。

◆ 市バスがつなぐ神戸の歴史
 新幹線の新神戸駅を起点に、六甲の麓を東から西へ。
「港町」「異人館」というイメージが非常に強いのですが、意外に和風の歴史(北野天満神社や敦盛塚)もかなりあるものです。
 考えさせられたのが、その阪神・淡路大震災の影響。
 16年経った今でも震災の傷跡はあちらこちらに残されているそうです。
(あえて保存している所もあるよう)
 確か六甲・摩耶ケーブルは阪神・淡路大震災で被災した鉄道の内、最後に復旧した路線だったはず。
 2月12日~13日の紀行という事ですが、大都市でまだ資金的に余裕があった神戸でこうだと、東日本大震災からの復興は、正直相当困難と言わざるを得ないのかな、と思わされます。

◆ 終点の構図 衝原(つくはら)
 六甲の中にあるつくはら湖のそばにある終点。
 折返所のなりからして、それほど極端なローカル線でもないように思いましたが、公式HPで検索した所、衝原へ行く111系統は、最低1時間に1回は運行が確保されています。
 休日の日中の本数が若干多くなるのは、行楽の需要があるのでしょうか。
 なお、この111系統のルートは、神姫バスの三宮~三木・吉川の路線も通過しているようです。
(但しバス停はなし) 

◆ 神戸市営バスの路線エリア
 基本的には六甲の南側の海沿いがエリアになっていますが、郊外部はかなり千切れ千切れという感がします。
 神戸市の市域の大半が六甲の山岳地帯に位置している事、加えて最近になって民営に譲渡された路線が存在する事で、特に西神・有野の両営業所は、メインのエリアから孤立した場所に位置しています。
 有野〔営〕は他の市営交通とのつながりがない、離れ小島になっています。

◆ 神戸市営バスのあゆみ
 母体が小規模民営事業者という路線が多いようです。
 神戸市営バスはかつては明石市にも乗り入れがあった(車庫もあったらしい)のですが、これは神姫バスの母体の事業者が運行していて、戦争中に休止、戦後再開させようとした所で市営・神姫の共同運行という形に落ち着いたという所です。
 現在の有野〔営〕の路線は皆平成の世になってからの開設のようで、神鉄三田線も複線化工事が進行していた頃で、山の向こうの方も宅地開発が旺盛だったのでしょう。

画像

 多少物足りなかったのは都市新バスの扱いで、都市新バス10系統は地下鉄海岸線がほぼ全線で並行する事で地下鉄開業と同時に廃止になっているのですが、この辺の記載がありませんでした。
(「一連の統廃合」の一環ではあるのだが)
 それと、かつては須磨に営業所があったのですが、これの廃止についても記されていませんでした。
 市営バスが走らない市営バス路線というのは有馬温泉発着便や垂水~学園都市などであるようですが、この場合収入はどういう扱いになるのだろう?
 収入は全て交通局、そこから委託の費用を民営側に支払い、という事でいいのでしょうか?

◆ 車両の現況
 大分古いですが、「バスジャパン」№7時との比較も加えます。
 また、神戸交通振興も含めます。
 車両数545両は、1988年当時の649両(当時は定期観光や貸切もあった)から100両以上も減っています。
 定期観光バスや貸切バス事業は20世紀の内には廃止となり、在来一般路線車の転用による貸切事業や、特定輸送もないので、全車両が純粋な普通の乗合バス(シティー・ループも含めて)です。
 
1. まず、この「ハンドブックシリーズR」で初めて、ついに全車両が、ナンバープレートの分類番号が3桁(「神戸200か」)となり、2桁(「神戸22か」)が消滅しています。
(神戸検査登録事務所が分類番号を3桁化したのは1998年5月)
 また、初めてポスト新長期規制車が現れ、エルガとエアロスター(入ったばかり!)が登録されています。
 神戸市営バスで最も古いのは、「こべっこⅡ世」を除くと1999年。
 平均車齢は6.17年と出ました。
 松原〔営〕が5.42年、中央〔営〕が「こべっこⅡ世」を含めても5.67年と若い一方、神戸〔操〕は少数の所属台数の内、半数の5台が2000年のキュービックのため、これが足を引っ張ってか8.80年と多少高齢化しています。
 年式別では2005年・2006年が59台ずつ、2007年は71台も入って一大勢力になっているのに対し、2000年は33台、2001年・2002年は33台ずつ、そして2009年は25台とかなり少なく、多少アンバランスなように思えます。
 2000~2002年は地下鉄海岸線開業による再編成の影響に拠るものだろうけれど、2009年はちょっと理由がわからないなあ。

2. 営業所は23年の間で布引・須磨〔営〕が廃止の一方で中央・西神・有野〔営〕が開設になっています。
 営業所別の配置数では松原〔営〕が110両で全体の5分の1(20.2%)なのに対し、有野〔営〕はわずか11両(2.0%)で、公営交通の独立した営業所では異例の少なさといえます。
(同じ離れ小島の東京都営バス・青梅〔支〕(約30両)より少ない)
 全体的にはやはり市の中心部に手厚く配置され、郊外部は少ない。
 その中で魚崎〔営〕が81両(14.9%)と比較的多くなっていますが、一番大阪に近い営業所なので、そちらへの通勤の利用が多くなるのでしょうか。

3. 神戸市営バスは現在に至るまでノンステップとワンステップを並行して導入しており、ノンステップ率は67.0%と、現代の公営バスとしてはかなり低いと思われます。
 23年前にしても、当然全車ツーステップながら標準床車と低床車を並行して導入していて、神戸市営の伝統的なスタイルかと思われます。
 中央〔営〕が56.8%、垂水〔営〕が62.0%と平均を下回っているのですが、中央〔営〕は山越えの路線が多いからか(衝原へ行く111系統も中央〔営〕持ち)、垂水〔営〕は住宅路線が多くて詰め込みが効かないノンステップ車は不利なのか。
 一方で有野〔営〕は11両全てがノンステップというのは感心させられました。 

4. 西日本の事業者では西日本車体(西工)ボディ車の存在がはずせないはずですが、神戸市営の場合は、23年前の時点で既に日野の一部に架装されているだけで、いすゞ・三菱ふそうで西工ボディ車はありませんでした。
 現在は日産ディーゼル(23年前にはなかった)・三菱ふそうにありますが、日産ディーゼルの西工は2002年からで富士重工が生産を縮小していた頃、三菱ふそうはOEM供給のエアロスターSですから、どちらも選択の余地がなかったと言えます。
 今回は全体の車両数がそれほど多くなかったためか、解説記事が随分と詳しく書かれていました。


 さて、次回は4月に合併で生まれたアルピコ交通で、その後ジェイアールバス関東と神姫バスが予告されています。
 この後なのですが、今の所「R」になってから東北地方の事業者はまだ取り上げられていません。
 東北はまだ大震災の直後でとても余裕はないですが、しばらくして落ち着いたら、応援も兼ねて東北の事業者が取り上げられるといいと思います。
 ハンドブックシリーズ15で常磐交通自動車(380両)、19で岩手県交通(771両)、20でジェイアールバス東北(371両)、ニューハンドブックス29で宮城交通(847両)が取り上げられた実績もありますので…。
  
 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

《今日のニュースから》
米大統領選挙 ギングリッチ連邦議会下院議長出馬表明

№462 バスで行くバス 23.さかえ湯(東京都渋谷区)

 今日11日は、東日本大震災発生から2ヶ月。
 しばらくの間は、毎月11日は「発生から○ヶ月」という取り上げ方がされるのでしょう。
 先の話になりますが、今年の9月11日は「東日本大震災から半年」+「アメリカ同時多発テロから10年」になります。
 先日、同時多発テロの首謀者殺害という事態もあり、なんだか国内外に渡って異様な雰囲気になりそうな気がします。

 さて「バスで行くバス」、前回川崎の政の湯さんをとりあげてからもう3ヶ月以上経ってしまいました。
 多分皆さんとっくにこの企画の記事など忘れておられるでしょうが、しつこくやります。
 今回は東京の銭湯です。
 それも渋谷駅の近く。

画像

(訪問日:2011年4月19日)

 今回の「さかえ湯」さんは渋谷駅に一番近い銭湯で、各鉄道の渋谷駅から歩いていける距離ですし、もちろんバスもあります。
 代官山から歩いてくる事も出来ます。
 多少「穴場」的な存在ではあるかも知れません。 

<アクセス>
 一番近いのは、JR渋谷駅の新南口改札。
 この改札は埼京線・湘南新宿ライン・特急<成田エクスプレス>が発着する3・4番ホームの真ん中を上がった所にあり、ホテルメッツに接続している。
 ここからなら徒歩5分程度。
 ただし、この改札は他のJRの改札(南・中央・玉川・ハチ公)や東急・メトロ各線が乗り入れる本駅からはかなり離れていて、本駅の各改札からだと最低10分。
 マークシティに発着する京王井の頭線からだと15分は必要でしょう。

 バスの場合は、都営バス〔都06〕(渋谷駅~赤羽橋駅~新橋駅)、〔田87〕(渋谷駅~恵比寿駅~田町駅)、東急バス〔渋71〕(渋谷駅~目黒区総合庁舎~洗足駅)、〔渋72〕(渋谷駅~目黒不動尊~五反田駅)の並木橋バス停が一番近い。
 並木橋から代官山方向に上がっていく坂道(〔渋71〕系統のルート)の左側を歩き、東横線の先、アンダーパスがある所の階段を降りて目の前。
 マンションの1Fが銭湯になっている。
(上の歩道沿いの2Fが理容室、その上がマンション)

画像

 この傍らを東横線の高架線が走る。
 東横線は現在、明治通りの真下に地下線を建設中で数年後には渋谷駅共々移転、メトロ副都心線と接続・相互乗り入れを行う事になっていて、この光景もあと1~2年後くらいには見納めになるはず。

画像


 入口は多少雑然とした感じがする。
 入って左手に入口がある。
 
<営業時間・休業日>
 15時30分~25時(女湯は24時30分)
 金曜日休み。

<カウンター>
 まず入口を入ると目の前にあるのは靴箱ではなく、傘箱。
 靴箱は、男湯の場合は左手。
 ビルの中の銭湯だが、番台スタイル。
 テレビと、マッサージチェア(有料)がある。
 また、湯上りのバスタオルが1枚まで無料で利用できる。
 コーヒー牛乳はメイトーで120円。
 他にも飲料や風呂の用具などを販売している。 

<浴場>
 風呂そのものは意外に?広め。
 備長炭を使用している。
 ジェット風呂と泡風呂の2種類。
 温度は42℃にこだわっている。
 浴場の壁には「浴場体操」のポスターが掲げられていた。

 今回、地図を初めてWordで作成してみましたが、出来栄えはいかがだったでしょうか?


 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

《今日のニュースから》
北京・故宮博物館で盗難事件 被害総額数億円の見込み

№461 私鉄の車両シリーズ90 近畿日本鉄道16000系

 今回の震災の前に名鉄4000系を書いて、それから2ヶ月経ってしまいました。
 ひょっとしたらもう忘れられているかもしれませんが、久々に「私鉄の車両シリーズ」やります。
 ところで、その前回の名鉄4000系の次で「大手私鉄は『4000』は使いたがらない」と書きましたが、どうも東急の東横線に4000系がデビューする事になりそうです。
 といっても5050系とどこが違うのか、という事になるかと思われますが、10両固定編成らしいので(一部在来車両組み込み)、副都心線及び東武・西武との相互直通運転開始の時よりデビューするかと考えられます。

 今回の「私鉄の車両シリーズ」は近鉄で、南大阪線・吉野線初の本格的な専用特急車両として製作された、16000系です。

画像

 橿原神宮や吉野・大台ヶ原などの著名な史跡や観光地を控えた南大阪線・吉野線にも、京都方面からの接続も考慮した特急網を整備する事になり、1965年より製作が開始されて改造特急車を置き換えました。
 大阪線用11400系をベースとしていますが、車体幅は2,740㎜と多少狭くなっています。
 Mc-Tcの2両ユニットで、135kwの狭軌線用としては強力なモーターをMc車に4台装備、南大阪線では初めて電気ブレーキ・抑速ブレーキを装備しています。
 ドアは当初は2両とも2箇所ずつ設けられ、大阪線等と比較して多少ローカル色が濃い見附とも言えます。
 Mc車に車内販売準備室、Tc車にはトイレをいずれも連結面側に配置しています。
 クーラーは分散式で、各車6台ずつ配置されています。

画像

 車内は回転式クロスシートが並び、当初はデッキの仕切りが設けられていませんでした。
 登山者の大型リュックなどを収納できるようにするため、車体の屋根のカーブを小さくして、荷物棚上部の空間を広く取っているのが特徴です。

 1977年までの間に20両が近畿車輛で製作されました。
 このうち1974年に製作された16008Fは中間にM-Tを組み込んだ4両固定編成で製作されました。
 以降の増備は16010系や26000系「さくらライナー」に引き継がれています。

 1985年より車体更新工事が始まり、特に1994年度の16007Fより車内販売室や一部の扉の撤去、デッキ部の仕切りの設置、台車枠の改良が施されました。
 一方1997年より廃車も始まり、16001F及び16002Fの2編成が大井川鉄道に譲渡されました。
(2003年には16003Fも譲渡)
 2009年には南大阪線でも新型特急車16600系「Ace」が就役しており、更新工事は続けられているものの、現役の最古では43年になろうとする16000系は、今後置き換えも並行して進められる事になると思われます。

【編成】
←大阪阿部野橋     吉野
 Mc 16000* - Tc 16100*
 Mc 16000* - T 16150 - M 16050* - Tc 16100*
* パンタグラフ

 今回の記事は
「私鉄の車両13 近畿日本鉄道Ⅱ」(保育社) ※現在はネコ・パブリッシングによって復刻
「きんてつの電車」(近畿日本鉄道)
「鉄道ピクトリアル1992年12月臨時増刊号 【特集】近畿日本鉄道」(鉄道図書刊行会)
「鉄道ピクトリアル2003年1月臨時増刊号 【特集】近畿日本鉄道」(鉄道図書刊行会) 等
を参考にさせて頂きました。

 次回のこのシリーズは、京阪の中之島線快速急行用としてデビューし、鉄道友の会のローレル賞を受賞した3000系(新)です。
 しかし中之島線は思った以上に不振のようで、今月28日改正では快速急行は大幅縮小、3000系の今後の運用のあり方は注目されそうです。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 明日はさらに久々になる、「バスで行くバス」を書く予定。

《今日のニュースから》
富士バイオメディックス売り上げ水増し疑惑 経営陣ら逮捕