№306 私鉄の車両シリーズ70 西日本鉄道6000形

 昨日までの4日間更新をお休みし、「青春18きっぷ」を使って西の方へ行ってきました。
 成果としては、阪急の7000系更新車、阪神の8000系更新車、京福電鉄の新塗装、養老鉄道の「ラビットカー」といったあたりでしょうか。
 バスもたくさん撮ってきました。
 特に阪神バスについては、次回更新時より本体で掲載を開始する予定です。
 残念ながら撮れなかった、というものもあるのですが、その辺も含めて明日以降書きたいと思います。

 今日は「私鉄の車両シリーズ」、西日本鉄道6000形です。

画像

 6000形は、天神大牟田線用に製作された通勤車両です。
 5000形をベースとはしつつ、在来車両との連結は行わない事を前提としていて、今後の車両の標準となるべく、当時の西鉄としての新基軸が取り入れられています。

 デビュー時の背景として、混雑の緩和に加え、ターミナルの西鉄福岡駅が改良工事のため1線を使用停止として2線となり、折返し時分を短縮する必要があった事があります。
 このため西鉄では初の4ドア車となりました。
 側窓も通勤車では初めて1段下降窓を採用し、すっきりした外観になっています。
 正面は5000形と同様、運転台側をパノラミックウインドウとした左右非対称型ですが、屋根のカーブの大きさやスカートの形状に違いが見受けられます。

 制御方式自体は抵抗制御を踏襲していますが、ブレーキは電気指令式としています。
 4連においては、中間のMMユニットに重量を集中させ、牽引力の向上を狙っています。
 また電連併用の廻り子式密着連結器を初めて採用し、連結・解放の時間短縮を図っています。
 運転台は8000形同様のワンハンドル式で、モニターを併用しています。

画像

 車内は全てロングシートで、仕切り板が設置されました。
 各編成の福岡方車両の連結側に車椅子スペースを設置。
 この部分には2人掛の折畳み式座席が併設されています。
 非常通報装置も、双方向通話が可能な新型になりました。
 冷房は集約分散型で、空調はマイコンによる自動制御になっています。
 屋根構造も8000形同様の平天井とし、扇風機に代わってラインフローが採用されました。

 1993年に4連×6本・2連×3本の合計30両が川崎重工によって製作されました。
 以降の編成単位の増備はVVVF制御を採用した6050形に引き継がれていますが、両者の併結も可能です。
 2連については1999年になって、中間にT車を新製して組み込み、3連化されました。
 MMユニットの中間に組み込まれたため、高圧の引き通し線を設けています。
 この両者の単独、または両者を適宜組み合わせる事により、3連~7連までの各編成を組成して、主に福岡(天神)口の各種列車に使用されています。

【編成】
←大牟田     西鉄福岡
 *Mc1 6000* - T 6000 - Mc2 6000
 Tc1 6000 - M1 6000 - *M2 6000* - Tc2 6000
* パンタグラフ

 今回の記事は
「鉄道ピクトリアル1993年10月臨時増刊号 新車年鑑」(鉄道図書刊行会)
「鉄道ピクトリアル1999年4月臨時増刊号 【特集】西日本鉄道」(鉄道図書刊行会) 等
を参考にさせて頂きました。

 次回からは5回連続で、大手以外の西日本の事業者を取り上げます。
 まず次回は名古屋市営地下鉄鶴舞線の3000系です。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

№305 バスで行くバス 14.富士見湯(神奈川県藤沢市)

 8月も後半になろうというのにしつこく猛暑日が続いていますが、皆様もどうか体調にはお気をつけください。
 こういう日はやはり風呂に入ってさっぱりするのが一番。
 という事で2日続けての「バスで行くバス」、今日も湘南の銭湯です。

画像

 今日は藤沢市の「富士見湯」さんです。
(訪問日:8月16日)

<アクセス>
 JR藤沢駅から徒歩10分弱。
 北口を出て、ペデストリアンデッキ(その下はバスターミナル)の左手の「さいか屋」の左側を回って階段を降りる。
 直進すると目の前に銀座通りの信号がある。
 
画像

 この交差点を横断し、「タムジュモール」を入って先に進む。
 次の南仲通郵便局信号の先、左手の工事現場の先のマンション「クレオ藤沢壱番館」の1Fが富士見湯。
(花屋の隣)
 バスで来る場合、
1.神奈中で戸塚バスセンター・俣野公園・大船駅・ライフタウン・湘南台駅・ライフタウン・辻堂駅・茅ヶ崎駅などからの場合 … 南仲通下車で徒歩3分。
(なお帰りの場合は行き先によって乗り場が違ってくるので注意)
2.神奈中・江ノ電で辻堂団地・辻堂駅(南口発長久保経由)・鵠沼海岸などからの場合 … 相生町下車で徒歩5分弱。

画像


<営業時間・休業日>
 15:00~23:00。
 毎月1・10・20日が休業日(休日になった場合は翌日に振り替え)。

 カウンターで脱衣所の鍵を受け取る。

<脱衣所>
 少々小ぢんまりしている。
 TVなし。
 ヘアードライヤー20円。

<浴場>
 マンションの建物の1Fにあるためか、少し小さ目かも。
 風呂は「超軟水」を使用しており、そのためか心もちヌルッと感じるかも知れない。
 ハイパワージェット・ボディーマッサージ・超音波座風呂がある。
 タイル張りの壁画は「富士見湯」の名とは裏腹に、ヨーロッパの古城などの景色が描かれている。
 どこかで見たような景色もあったのだが…。
 サウナ200円。

<その他>
 カウンターの前にソファとテーブル、飲料の自動販売機があり、テーブルには「超軟水風呂」の効能について書かれたリーフレットがある。
 珍しくコーヒー牛乳の販売はなく、自版機でもコーヒー類の販売がない。
(ポカリスエット・ジュース・ココア等を販売)

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 さて、多少急ですが、明日から4日間、大阪・神戸・名古屋の方に出かける事になりました。
 いろいろ電車・バスなどを撮影してみたいと思っていますが、どの程度撮影できるか…。
 このため、少なくとも日曜日までは更新をお休みします。

№304 バスで行くバス 13.ひばり湯(神奈川県鎌倉市)

 約1ヶ月ぶり、久々の「バスで行くバス」ですが、今日と明日の2回は湘南の銭湯を紹介したいと思います。
 今日は鎌倉市の「ひばり湯」さん。
 鎌倉市といっても、横浜市との市境をまたぐ大船駅の近くの銭湯です。

画像

(訪問日:8月13日)

<アクセス>
 JR大船駅から徒歩5分。
 東口にあり、すぐには階段を降りず、「ルミネ」の左手を回り込むように進む。
 湘南モノレールの改札を過ぎて、その先で左手の道路の反対側に降りる。
 
画像

 その途中で見かける東口の交通ターミナル。
 真上を湘南モノレールが横切ります。
 ここに発着するのは京急の全路線(鎌倉山経由江ノ島・鎌倉駅・桔梗山行など)と江ノ電の藤沢駅・江ノ島・鎌倉湖畔・鎌倉駅・ひかりが丘〔循環〕行など。
 また羽田空港行もここに発着する。
 なお同じ東口でも、横浜市側(笠間口)にもバスターミナルがあり、神奈中バスの金沢文庫・桜木町駅・上大岡駅行や江ノ電の戸塚駅行などが発着する。
 また西口(観音様の側)にも神奈中のバス乗り場があり、戸塚バスセンターや立場・俣野公園(前のドリームランド)行や藤沢駅・清泉女学院行などが発着する。

 階段を降りたあとは、サンクスと松屋の間の道を入り、商店街の中を行く。

画像

 途中の商店街はこんなに賑やか。
 以前のNTTの支店の建物の斜め前、ビルの1Fにある。
 コインランドリーはビルの裏手にある(7:00~23:00)。

 この他、江ノ電バスで鎌倉駅方向から来た場合は「大船消防署前」(勤労会館経由)、上大岡駅行や鎌倉湖畔・高野台方向から来た場合は「大船行政センター」(常楽寺経由)下車。

画像


<営業時間・休業日>
 平日13:00~24:30、土休日9:30~24:00。
 水曜日が定休。
※明日19日も臨時に休業になります。ご注意!

 カウンターに靴箱の鍵を預け、券売機で入浴券を購入して脱衣所の鍵を受け取る。

<脱衣所>
 少々小ぢんまりしている。
 TVあり。
 ヘアードライヤー20円。

<浴場>
 ビルの1Fに男女湯が並ぶためか、多少狭いかも。
 薄暗いが、新しくてきれい。
 シャワーはボタンを押している間だけ湯が出るタイプで使いやすい。
 風呂は炭酸泉湯を使用している。
 そのためなのか?心持ち温いかも知れない。
 スリーピングバス、ミクロンバイブラ、電気風呂がある。
 独立して「岩風呂」がある。
(ただし風呂自体は普通のタイル張りみたい)
 サウナ・スチームサウナ(岩盤浴)あり(+300円)。

<その他>
 カウンターの前にソファとテーブルがある。
 飲料の自動販売機と、スロットマシン(北斗の拳SE南斗水鳥拳・100円で10回)がある。
 コーヒー牛乳の販売はなく、自動販売機で缶飲料・カップ飲料を購入する。
 サンガリアのカフェラテ(缶飲料)が100円。

 ここでは専用のプリペイドカードを販売している。
 入金を繰り返して使用するタイプで、1,000円入金で1,050円、10,000円入金で11,000円分使用できる。

 土日には「指圧リラクゼーション」があり。
 10分1,000円。
 15:00~21:30分。
(祝日はないので注意)

 ここは付近のコミュニケーションの中心になっているようで、カウンター前には鎌倉市の広報誌などが置いてある他、たまに地元ケーブルテレビにCMを放映する事もあるようです。
 また市の「高齢者入浴助成事業」「デイ銭湯事業」存続の署名活動を行っていました。

 明日は藤沢市の銭湯について書く予定です。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。